17日、中国の女優チャン・ツィイーがこのほど国際線の機内から娘の動画を公開したことで、一部のネットユーザーから「芸能人は特別扱いか?」と批判を浴びた。写真はチャン・ツィイーと家族。

写真拡大

2016年8月17日、中国の女優チャン・ツィイー(章子怡)がこのほど国際線の機内から娘の動画を公開したことで、一部のネットユーザーから「芸能人は特別扱いか?」と批判を浴びた。網易が伝えた。

【その他の写真】

昨年、人気ミュージシャンのワン・フォン(汪峰)と入籍したチャン・ツィイーは同12月、米カリフォルニアで第一子女児の醒醒(シンシン)ちゃんを出産。昨年夏からは出産・子育てのため休業に入っていたが、このほど仕事を再開。今月15日、国際線の機内から、自宅にいる醒醒ちゃんの姿をライブカメラで見守っていることを中国版ツイッターで明かした。「機内で娘が眠る姿を見られるなんて。本当に安心よ。生まれてから今まで一度も離れたことがないから気になる」とメッセージを添えている。

「母の愛は偉大だ」などとコメントが集まる中、一部ネットユーザーが別の問題を発見。「機内でスマホを使ってる?」「危険だ。人の迷惑だ」「芸能人は特別扱いか?」などと批判の声が向けられたが、「機内WI−FI使用に決まってるじゃないか」と援護の声も飛び出した。

ネットユーザーからの疑惑を懸念したのか、チャン・ツィイー自身がすぐさま対応。「客室乗務員にお願いしてWI−FIをつないでもらった」と説明し、火消しに努めた。

さらに目ざといネットユーザーは、醒醒ちゃんを映すカメラが、中国の通信機器メーカー・小米によるアクションカメラのYiCamera(小蟻)を使用していることを発見。かなり鮮明な画像のため、「小米はチャン・ツィイーに広告料を払うべきだな」「ハリウッド女優にタダで宣伝してもらえて超ラッキー」などといった声が上がっている。(翻訳・編集/Mathilda)