口当たりなめらかな“絹ごしシュー”が人気♪ 金沢で愛され続ける老舗洋菓子店「ふらん・どーる」

写真拡大

金沢市山科(やましな)にある「ふらん・どーる」は、「絹ごしシュークリーム」が人気の洋菓子店。加賀棒茶や五郎島金時など、金沢の食材を使った焼き菓子セットはおみやげにもぴったりです。緑に囲まれたレンガ造りのかわいいお店に、足を運んでみませんか。

緑に囲まれたレンガ造りの洋菓子店

金沢駅から車で約20分、閑静な住宅街の一角にあるレンガ造りの洋館が「ふらん・どーる」の本店です。

お店の前の黒板には、その日にバースデーケーキを予約した方たちのお名前がずらり。
40年以上にわたって地域で愛されている、金沢を代表する洋菓子店のひとつです。

一番人気は、ふんわりなめらか「絹ごしシュークリーム」

「ふらん・どーる」の看板商品は、やさしい口当たりの「絹ごしシュークリーム」。
薄くしなやかなシュー皮の中に、生クリームを混ぜたなめらかなカスタードがたっぷり。
毎日夕方には売り切れてしまう、大人気のおいしさです。

金沢の食材を使ったスイートポテトやクッキーも

種類が豊富で日持ちもする焼き菓子は、手みやげや贈答用にぴったり。
おすすめはホクホクとした石川産のサツマイモ「五郎島金時」を使ったスイートポテト。
きなこや和三盆など和菓子の素材を取り入れたクッキーとの詰め合わせが人気です。

パッケージもかわいい、加賀棒茶と焼き菓子のプチギフト

新商品の「金沢茶の間」は、加賀棒茶のティーパック1個と、抹茶クッキー1枚、加賀棒茶のマドレーヌ1個を、紙カップに詰めた小さなギフトセット。 お湯を注ぐだけで、香ばしい加賀棒茶と焼き菓子が一緒に楽しめます。

洋菓子の中に金沢らしい和の雰囲気も取り入れた「ふらん・どーる」のスイーツは、金沢みやげにぴったり。近江町市場近くの百貨店「めいてつ・エムザ」内や、金沢大学の角間キャンパスに近い金沢市田上にもお店があるので、金沢を訪れた際には、ぜひ注目してみてください。

ことりっぷの最新記事