男子は「でもでも女子」が正直しんどい #男子の本音

写真拡大

男子のホンネ。それは「恋愛がしんどい」。

女子は恋愛をがんばるけど、そのがんばり、ちゃんと届いてる? 意外と男子はしんどいって思うことがあるんです。

今回のテーマは「"でも"が多い女子」について。 一体、何がどうしんどいのか。男子のホンネを聞いてみました。

「『どう思う?』って聞いてきたから意見を言っているのに、『でも...』って反論してくるのがしんどい。2回まではギリギリ我慢できるけれど、3回言われたらもう話す気なくすよね」

「でもでも言う女性といると、正直、疲れます。一緒にいるのが苦になる人とは居たいと思いません」

「話を聞かないし、自分の意見を押し通そうとするというか、自分が正しいと思ってる女性が"でも"って言いがちだと思う。"でも"、"だって"を繰り返す女性は、どうしてもマイナスに見えちゃうな」

2回までは許せるが、3回はない

さんざんどうでもいい相談に乗った挙句、意見を求められたので自分の考えを言うと「でも」。他人の意見、聞く気ありますか? と男性はうんざりしています。

でもでもを続けていれば、誰も相談に乗ってくれなくなることもありえます。「そういう意見もあるのか」と柔軟にとらえるようにしてみましょう。

一緒にいて疲れる

どうでもいいことに対して「でも」と言われて議論しなければいけない。そういうタイプの女性といると、いつもスイッチをオンにするか、イエスマンになるしかないので男性は疲れてしまいます。

結局なんて言ってほしいの?

自分の意見や考えをしっかり持っている女性は好感が持てますが、自分の意見を押し通そうとする女性に好感は抱きません。結局「そうだよね」って言ってほしいように思われてしまいます。

もし意見が違ったとしても「でも」「だって」ではなく、「どうしてそう考えるの?」と理解しようとする姿勢を持ちましょう。

男子にとっては、「"でも"が多い女子は面倒くさい」というのがホンネです。知らず知らずのうちに出てしまうのはわかります。しかし、話しているほうとしては、ストレスがたまる一方。

「でも」の数だけ男性はあなたから距離を離していきます。意見を聞くときは、とりわけ気をつけて「でも」を言わないように心がけましょう。

写真/Shutterstock