17日、韓国メディアによると、韓国のソウルに続き中国の南京にも、元慰安婦を追慕するための森が造られることが分かった。これについて、韓国のネットユーザーがコメントを寄せた。写真は森林(イメージ写真)。

写真拡大

2016年8月17日、韓国・ニューシスによると、韓国のソウルに続き中国の南京にも、元慰安婦を追慕するための森が造られることが分かった。

社会的ベンチャー企業「ツリー・プラネット」は17日、「中韓の市民らと共に、中国の南京に元慰安婦を追慕するための『少女らを記憶する森』を造成するプロジェクトを開始する」と明らかにした。

同企業は、「今回のプロジェクトは政治的な利害関係とは関係なく、慣れない土地で暮らし、最後まで故郷に戻ることができなかった被害者らを追慕しようとの趣旨で企画された。韓国の挺身隊問題対策協議会や中国の南京大虐殺記念館と協力して進めていく」と明らかにした。

同企業はこれまでにも、ソウル・ワールドカップ公園の「少女らを記憶する森」をはじめ、「セウォル号を記憶する森」や「延坪海戦の英雄の森」などを造成した。

これについて、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「朴大統領は中国を見習って」

「たった10億円で慰安婦問題を終わらせようとした朴大統領が情けない」

「慰安婦の最大の被害者である韓国の大都市にも慰安婦を追慕するための森を造るべき。国に任せず、市民らで推進しよう」

「朴大統領の機嫌が悪くなりそう」

「韓国は中国よりも劣っている。親日派が横行している韓国は、いつ日本に支配されてもおかしくない」

「日本から10億円をもらうのに、そんなことをしてもいいの?」(翻訳・編集/堂本)