フィードフォースは8月17日、ダイナミック広告配信・最適化サービス「Feedmatic」の新しい機能として、「プロスペクティング配信機能」を実装し、サイト未訪問の潜在顧客に対しても「Facebook ダイナミック広告」の配信を可能としたと発表した。

Feedmaticは、Facebookなどのソーシャルメディア上へのダイナミック・リターゲティング広告配信に対応しており、データフィードの構築から広告の配信・最適化までを一貫して行えるサービス。「プロスペクティング配信機能」では、サイト上では未接触であるユーザーに対し、そのユーザーのプロフィールや興味・関心情報などから、興味・関心が高いであろう情報を推測し、「Facebook ダイナミック広告」を配信する。

これまでFeedmaticでは、サイト上で商品情報を閲覧したユーザーに対してのみ、関心が高いと推測される情報をFacebook上で動的にレコメンドする「Facebook ダイナミック広告」を配信していた。今回新たにリリースした「プロスペクティング配信機能」を使うことで、商品を閲覧したユーザーに加え、サイト未訪問の潜在ユーザーに対しても「Facebook ダイナミック広告」を配信することが可能となる。

これにより、興味・関心の高いと推測される新規ユーザーに対しても個別の商品や情報を訴求することができるため、リターゲティングによる既存ユーザーの刈り取りに偏ることなく、新規ユーザーの獲得も行いながら、購買や登録などのコンバージョンを継続的に最大化していくことが可能になるという。

(Aries)