【危険】ルールとマナーを理解しない自転車乗り

写真拡大 (全13枚)

自転車の危険行為でもっとも多かったのは信号無視

制動装置(ブレーキ)不良自転車運転や信号無視、一時不停止など、自転車の「危険行為」を繰り返した人に自転車運転者講習(有料講習)を義務づける改正道路交通法の施行から、6月で1年が経過した。

この間、自転車を利用するマナーは、どれぐらい向上したのだろうか? 警察庁は、今年4月末に講習の対象になった危険行為は全国で1万3455件あったと発表。

違反別では最多の信号無視が5765件で、2番目が遮断機を無視した踏切への立ち入りで3344件。3番目が安全運転義務違反の1779件、4番目がブレーキ不良自転車の運転=497件。その他が1059件。地域別では、大阪が4594件で、全国1/3(34.1%)を占めダントツ!

しかし、ドライバーの実感としてはどうだろう? 正直、見通しのいい交差点で、他のクルマや歩行者や自転車がいなければ、信号無視をしようが指定場所の一時不停止なんて、はっきり言って問題なし!(ちなみに自転車における一時停止の定義は、自転車を止めて足を地面に付けること)

自転車が優先かどうかではなく譲り合いの精神が大切

そういう意味で、迷惑極まりないのは、車線の斜行。片側二車線、三車線の道路で、左端以外の車線を走るのは危ないのでやめてもらいたい。左折レーンがある場合、第二車線を走る自転車もあるが、左折レーン、バス専用レーンなどは、自転車は適用外なので、きちんと左端をキープして欲しい。

また踏切内やスクランブル交差点以外の交差点で、斜めに横断する自転車もちょくちょく見かける。右折の場合、軽車両である自転車は、二段階右折が原則。

さらに言えば、クルマが左折、あるいは右折待ちをしているとき、信号の変わり際、あるいは信号を無視して、動線を塞いでくる自転車がときどきいるが、これは本当に許せない。

ドライバーは歩行者の流れが途切れるのをずっと待っているのに、そこに割り込んでこられると、これまた危険で、渋滞の原因にもなる。

「人の動線を塞がない」。クルマ、自転車、歩行者に関係なく、これは交通マナーの大原則ではないだろうか。弱者優先はよく分けるが、先に待っている人がいたら、そちらを優先して欲しい。要は、街全体として、もっともスムースに流れるよう、お互いに譲り合えるのが大人というものだと思うのだが。

イヤホンやスマホの使用も危険な行為なのでやめるべき

その他、イヤホン等により、外部の音が聞こえない状態での運転も迷惑で危険。後ろにクルマが迫っているのに、まったく気づかず、道の真ん中を走り続ける自転車も……。スマホを操作しながらの運転も勘弁してもらいたい。

暗くなっても無灯火で走る自転車も相変わらず多い。こうした自転車にもヒヤッとさせられる。自転車だけでなく、クルマも含め、真っ暗になる前、薄暮時からライトは点灯するようにしよう。

2人乗りについては、幼児用の小型座席に乗車させる場合は除く、となっているが、いろいろな事情もあると思う……。フラフラ、ヨロヨロしない限りは、ドライバーも目くじら立てず、温かい目で見てあげてはどうだろうか?

反対に論外なのは、ブレーキを装着していないピストなど。自殺行為以外何物でもない。まだまだいろいろ言いたいことはあるが、ドライバーも多くの場合、あるときは歩行者でもあり、自転車の利用者でもあるはず。

お互いの特性をよく理解して、スムースに気持ちよく共存できて、よりルールに縛られない交通社会を築いていきたいところ。そのためには、やはりマナーの遵守が肝要だ。

また私見だが、現状のインフラでは、多くの場合自転車は車道ではなく歩道を走ったほうがベターだと思うのだが、いかがだろうか? 改正道路交通法の施行から1年たったところで、多くの意見を集約し、現実に即したルールの見直しも急務ではなかろうか。

(藤田竜太)