写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PTCは8月18日、AR開発プラットフォームの新バージョン「Vuforia 6」をリリースしたと発表した。

Vuforia 6では、2016年6月に米ボストンで開催された同社の年次イベント「LiveWorx」で発表したVuMarkが導入された。VuMarkはカスタマイズ可能なビジュアルコードで、VuMark Designerでは既存の図柄やロゴなどからVuMarkを生成することができる。これにより、シリアル番号やURLなどさまざまな種類のデータをエンコーディングし、視覚的に魅力的なVuMarkを作成できる。

さらに、Vuforia EngineがUniversal Windows Platform(UWP)に対応。これにより、Unityを利用する開発者は既存のVuforiaプロジェクトをHoloLensや、 Surface Pro 4、 Surface Bookなどのタブレットに対応させることができるほか、Microsoft Visual Studioを使用し、タブレットで利用される既存のUWPアプリケーションにAR機能を加えることも可能となる。なお、Vuforia Engine on HoloLensは2016年秋予定の正式リリースまで試用版として提供される。

(神山翔)