マジ勘弁! 信頼できない上司の特徴5つ 「俺は悪くない、部下が悪いんだ」ほか

写真拡大

自分を成長させるため、そして確かな成果を得るために、できれば信頼できる上司の下で、経験を積んでいきたいものです。しかし現実には……部下が上司を選ぶことはできません。信頼できない上司の下で、日々やるせない思いをしている方もいるのではないでしょうか。働く女子たちをゲンナリさせる「信頼できない上司」とは、具体的にどんな人なのでしょうか。女子会員のみなさんが思うポイントを教えてもらいました。

■気分屋

・「気分の落差がある。気分によって、仕事をする・しないに左右されてほしくないから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「日によって気分にムラがあり、それを表に出す人。ついていけないと思う」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

自身の気分や機嫌によって、部下への対応を変える方はいませんか? 上司の機嫌に振り回されている部下が、いい仕事をできるわけがありません! 上司自身は無意識である点も、また厄介ですよね。

■一貫性ゼロ!

・「日によって言っていることが違う人は嫌です。言っていることとやっている事が違う人も」(30歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「自分の言ったことに責任を持たない。自分で言ったのに忘れて怒ったりする」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

昨日は「良い」と言ったことが、たった一晩で「ダメ」に変わってしまったり、自分にとって都合がいいように、記憶を改変してみたり……。「何を信じればいいのかわからない!」というのが、部下側の本音です。ボイスレコーダーアプリで、上司の言動を記録しておきたいくらいかも!?

■うわさ・悪口

・「人の悪口を裏でかなり言う人。噂話が大好きだから、相談事も話のネタにされる」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

仕事のこと、プライベートのこと……あれこれ相談できるのが「信頼できる上司」の特徴! その真逆である「信頼できない上司」には、できるだけ本音をさらさないことで、自分を守るしかないのかもしれません。

■罪のなすり付け

・「自分は悪くない、部下が悪いんだってことを言葉にしちゃう上司」(32歳/自動車関連/技術職)

・「何でもすぐ人のせいにする。上司の指示でやって、間違えたときに責任逃れされると、ついていこうとは思わない」(27歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

部下をガッカリさせる上司ナンバーワンといえば、やはりこんな上司でしょう。残念ながら、「どこの職場にも1人はいる」と言ってもいいのかもしれませんね。上司として、というよりもむしろ人間として!? 信頼できません!

■仕事もテキトー

・「仕事が適当な人。電話やメールの返信をきちんとしない人は信頼できない」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「同僚が遅刻や欠勤した分を、間違ってエクセルで下の行の私から引いていた事が何度かあって、この人は適当だから信用できないと思った」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

上司の仕事内容がテキトーな場合、1番に被害を受けるのが部下! 運悪くこんな上司に当たってしまったら……自分に関連する仕事は、注意深くチェックした方がいいでしょう。

■まとめ

かなり残念な、信頼できない上司たち。あなたの周囲にも、きっと1人はいるのではないでしょうか。残念ながら、こんな人でも上司は上司。自分を守りつつ、上手な付き合い方を身につけるべきかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数157件(22〜34歳の働く女性)