元大関・把瑠都凱斗が破った相撲界の掟…玉袋筋太郎が暴露

写真拡大

17日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、玉袋筋太郎が、元大関・把瑠都凱斗が破った、相撲界の掟を語る一幕があった。

番組では、「今夜は寝れ9!!」のコーナーで、「千代の富士 タニマチ継承問題」の話題を取り上げた。元横綱・千代の富士(第13代九重親方)のタニマチを、九重部屋の新親方(第14代)となった元大関・千代大海が引き継げるのかどうかに注目が集まっているという。

この中で、元横綱の花田虎上氏と貴乃花親方の母親・藤田紀子氏は、相撲界の実情を語る。藤田氏によると、日本相撲協会所属の力士には決まり事が多く、外出時には着物を着なければならないとか。

こうした相撲界の掟を受け、玉袋が「それを破ちゃったのがウチ(オフィス北野)の把瑠都ですよ」と、把瑠都の話題を出したのだ。把瑠都は、2009年にTシャツに短パン姿で繁華街にいたところを週刊誌に報じられている。

当時について玉袋は、把瑠都がお相撲さんの絵が書いてあるTシャツを着ていたことを明かし、笑いを誘った。

【関連記事】
貴闘力がギャンブル依存症後の現在の生活を告白「まだ借金払ってる」
元朝青龍が「死ね」「くそ韓国人」などの暴言を受けたことをTwitterで明かす
北の富士勝昭氏 優勝した横綱白鵬の取り組みに呆れ「お客様に申し訳ない」