洗顔で大切なこと。ひとつ、泡で洗う。ふたつ、すすぎは30回以上?

写真拡大

「キレイの先生」編集部の山田です。

 洗顔で大切なこと。それは「泡で洗う」ことです。

 これ、大切なんですよ。手でゴシゴシ洗うと、摩擦でお肌に負担がかかってしまいます。ちょっと固めの泡で、手が触れないように洗ってあげましょう。

 また、先日エステサロンの先生に取材して驚いたことです。

 私はこれまで、洗顔のすすぎは、洗顔料を洗い落とすためだけのものと思っていました。皆さんも、そうじゃありませんか?

 ただ洗顔では、このすすぎこそが大切にポイントだそうです。

 すすぎを30回するのには、きちんとした理由があります。最初のすすぎ10回で、洗顔料を洗い落とします。次の10回で、毛穴の中まできれいにして、最後の10回は、お肌に水分を与えるイメージです。

 洗顔で保湿するような感じと言ったらいいのでしょうか。

 顔を30回以上すすいだ後は、タオルで顔を押さえるようにして水気を拭きます。このときもゴシゴシと拭かずに、摩擦が起きないよう気を付けましょう。

 それから鏡を見ると、お肌に透明感が出て、普段の洗顔との違いをお感じいただけると思います。

 この洗顔には、高価な洗顔料をお使いいただく必要はありません。しっかり洗顔できていれば、その後の基礎化粧品も、高価なものをお使いいただかなくても、美肌を作れるといいます。

 皆さまも今夜、この洗顔方法をお試しになってみてはいかがでしょうか?

キレイの先生 http://kireinosensei.com/