勘が良ければ気付くかも! 路上に残った “なぞのシルエット” を警察が公開 / その正体が分かる?

写真拡大

なにかを見せられても、その正体が分からないことってある。例えば電子顕微鏡で撮影したあるものとか、写真の角度で尻に見えてしまったあるものとか、パッと見なんだか分からなかったりする。

そして今回お伝えするのも、一見なんだか分からない「シルエット」。路上に残されていたものを、警察が公開したのだが……うーん。あなたは、そこに何があったかシルエットから推測できるかな?

英サウス・ヨークシャー警察が、1枚の画像を SNS 上にアップした。そこに写っているのは、アスファルトの道路にぽっかり残されたシルエット。

周囲は雨に濡れて湿っているのに、シルエットの部分だけが乾いたままだ。雨の中、そこに何かがあったようだが、あなたはシルエットの正体が分かるだろうか?

横に長くて、左右の先端が特徴的な形をしているなあ。向かって左側は2つにわかれていて、右側はひょろ長いものが1本伸びている。うーん、なんだろう。勘の良い人なら、すぐに気が付くかもしれないけれど……。

分からなくても、大丈夫! 警察はちゃんと答えも掲載してくれていた。それは「人間」! 酔いつぶれて路上で眠っていた男性のシルエットなのでした!! この男性は警察に起こされて、ちゃんと家まで帰っていったということだ。

参照元:Facebook、Twitter @syptweet
執筆:小千谷サチ

この記事の動画・画像を見る