航空会社が「乱気流」と闘うためのテクノロジー

写真拡大

地球温暖化によって乱気流が発生しやすくなっているなか、航空会社はテクノロジーを使った対策を進めている。彼らが自然の猛威と闘うための「武器」を、動画で紹介する。

「航空会社が「乱気流」と闘うためのテクノロジー」の写真・リンク付きの記事はこちら

米国の格安航空会社ジェットブルー航空の旅客機が8月11日夜、強烈な乱気流に突入。機体からトイレが外れ、フライトアテンダントが天井に激突。24人が負傷した。

乱気流の恐怖に直面したのは、米国マサチューセッツ州ボストン発、カリフォルニア州サクラメント行きの「エアバスA320」。人や荷物、ノートパソコン、備品が客室を飛び交い、頭上の荷物入れに頭をぶつける人もいたという。

破壊されたトイレの写真を撮影した乗客によれば、事故当時、ギャレー(調理室)に立っていたフライトアテンダントが天井に頭を打ち付けた。このキャビンアテンダントは体の数カ所と首を負傷し、脳しんとうを起こしたという。

Rear toilet was completely ripped from its housing pic.twitter.com/E63wsq0TkY

― Derek Lindahl (@oif_vet) 2016年8月12日

その後、飛行機はサウスダコタ州ラピッドシティに緊急着陸し、ケガを負った乗客や乗員が地元の病院に搬送された。すでに全員が治療を終え、退院したと『NBC News』は報じている。

乱気流によって航空機が墜落することはほとんどないが、乱気流は飛行中に生じるケガの最も一般的な原因だ(米国では年間58名が負傷している)。さらに地球規模で起きている気候変動によって、特に大西洋を横切る飛行ルートで、大気の乱れが起こりやすくなっている。

かつてのパイロットたちは気象データやマニュアルが書かれた大量の紙の束をもって搭乗していたが、現在は、ライヴでの気象データや乱気流が起こる可能性がわかるGoogleマップのようなアプリが利用されている。タッチスクリーン方式のコックピット向けシステムも開発されている。

冒頭の動画では、乱気流による航空会社の損失が年間1億ドルに上ることや、快適な飛行を実現するための対策などを紹介している。

RELATED