牛乳と市販のヨーグルトを入れてボタンを押すだけ。できたてヨーグルトが毎日食べられる

写真拡大

健康にいいヨーグルト。毎日食べたいけれど、買い置きを忘れてしまうことも多いのでは?

【写真を見る】[3段階の調理モード」と「タイマー機能」つきでボタンを押すだけだから簡単!

株式会社アイリスプラザでは、ヨーグルトを家庭で手軽に作れる「ヨーグルトメーカー PYG-15A」を販売中だ。価格は3980円(税抜)。乳酸菌を含むヨーグルトは、お腹の調子を整えてくれたり、美肌効果が期待できるなど、家族の健康はもちろん、お肌が気になる主婦にも嬉しい食品。ヨーグルトメーカーが1台あれば、家庭で毎日、新鮮なヨーグルトが楽しめる。

「PYG-15A」は、「3段階の調理モード」と「タイマー機能」が付いており、材料を入れてボタンを押すだけの簡単操作。必要な材料は「牛乳」と「市販のヨーグルト」だけ。作るのが簡単で、材料も手軽に手に入るから、健康習慣としてヨーグルトを毎日食べたい人にぴったり。隙間時間に準備ができるから、家事や仕事で忙しい人でも十分活用できそうだ。

また、「パンを焼きすぎて食べ過ぎちゃった……」といったような、手作りにありがちな作りすぎの心配もなし。大小2サイズの容器がセットになっているので、欲しい分だけ無駄なく作れる。さらに、「PYG-15A」は、ヨーグルト作り以外にも活躍する。料理の幅が広がる「クッキングガイド」付きで、流行りの塩麹や手作り味噌、甘酒、天然酵母など、温度調節が難しい発酵食品もお手のものだ。

ヨーグルトはアレンジが利く食材だから、そのまま食べるだけではなく、料理にもあれこれ活用できる。ジャムやフルーツを添えて子どもが喜ぶスイーツに、肉料理や魚料理のソースに、お洒落なドレッシングにと、毎日の食卓が楽しくなりそうだ。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】