子どもが賢い子に育つ! 「図鑑好き」にするために、親がやってはいけない事

写真拡大

親なら誰しもが、自分の子どもに対して「賢い子どもに育って欲しい!」そう思うはず。

子どもが“高学歴・高所得”になる、親の特徴が判明! あなたはどのタイプ?

しかし、具体的に賢い子ってどんな子なのでしょうか? そして賢い子を育てるために親は何をすればいいのでしょうか?

今回は、『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ』の著者であり、東北大学で、脳科学の観点から認知症などの研究をしている瀧靖之教授にお聞きしました!

子どもの可能性を伸ばすために図鑑が効果的な理由

――教授は著書の中で、賢い子に育てたいなら、子どもへの最初のプレゼントは図鑑とおっしゃっていますよね?これってどんな理由があるんでしょうか?

「まず、賢い子というのをどういった子と捉えるかなんだけど、僕は賢い子=好奇心の高い子だと思っているんですよね。

僕はずっと、小さい頃は優秀なのに伸び悩んでしまう子と、ずっと伸び続ける子の二者の違いって何だろうって思っていたんだけど、この違いが好奇心の高さの差なんですよ。

好奇心の高い子というのは、好きだから、知りたいから勉強するといった感じで、自分から好奇心を持って学ぶことができます。

それで、大人になっても常に知的好奇心を持って自ら学び続ける人と話しをする機会があると、本当にみんな面白いほどに、小さい頃から図鑑を読んでいる。」

――でも、どこの親も子どもが本当に小さい時から絵本などを使って読み聞かせをしていますよね? 同じように図と文字が書かれている絵本と図鑑の違いって何なんでしょう?

「すごく良い質問ですね(笑)。まさにそこなんです。もちろん、絵本がダメだってことではなく、子どもの脳を鍛えるためにはむしろ大歓迎! どんどん読み聞かせはやった方が良い。

そこで“なぜ図鑑なのか?”ってところなんだけど、例えば、虫の図鑑や星の図鑑を見たとしますよね?外に出ると、すぐに図鑑で見た星が目の前に広がっている、虫が実際に手で触れる位置にある。

図鑑は、そういった現実とバーチャルの結びつけがしやすいんです。子どもの好奇心を満たすのにピッタリなんですよ。」

――確かに! さっきまで本の中にいたものを、実際に目の前で見ることができるって子どもとしてはワクワクしますよね。

「そうそう、賢い子に育てたいなら好奇心を育てる、好奇心を育てたいなら目の前に広がっている世の中に興味を持たせることが大事なんですよ。

図鑑は世の中の広さを知ってそれに興味を持つ、とっかかりとして最適なんです。」

子どもが図鑑に興味を持たない場合は親に原因アリ

――でも親としては「そもそも図鑑に興味を持ってくれないかも?」という不安もありますよね。

「子どもに図鑑への興味を持たせるテクニックとして効果的なのが、リビングのテーブルの上などのいつでも見られる場所に置いておくってことですね。

親って、図鑑などを買うと綺麗に子供部屋の本棚に並べたがったりするんだけど、それじゃテレビで見て興味を持ったものをすぐに図鑑で調べられないから、子どもも図鑑を開かなくなっちゃうんですよ。

自分の好奇心を満たすのに、わざわざ階段を上って自分の部屋の本棚の前に行かなくちゃいけないから。

変に、“図鑑を読ませるぞ!”なんてかしこまった感じではなく、図鑑を開くことに対するハードルを下げておくことがポイントなんです。」

――親が子どもに対してしてあげることは、図鑑を開いたり、その好奇心を満たす行動に対してもハードルを下げたりするってことなんですね。逆に子どもの好奇心を育てるのに親がやってはいけない行動ってあるんですか?

「一番はやはり、興味を削いでしまうような行動をしないってことですね。

さっき話した図鑑を置く位置もそうですけど、あれは図鑑をすぐ手に取れない場所に置くことによって子どもの興味を中断させてしまっているんですよね。

同じく、せっかく何かに興味を持って集中しているのに“そんなことしてないで勉強しなさい!”なんて声をかけるのは逆効果です。

興味の続く限り、それに集中させてあげるのが理想。」

子どもを伸ばす最大のコツは親自身が楽しむこと!

――なるほど、しかしずっと子どもに合わせてその時間見守るっていうのもなかなか大変そうですね……。

「そうそう、だから、お父さんやお母さんも楽しんじゃえばいいんですよ!

実は子どもに興味を持たせたいものがあるなら、親がそれを楽しそうに手に取ることが一番効果的なんです。

図鑑に興味を持たせたいなら、親が図鑑を楽しそうに読むとか。親の興味のある図鑑をまずは買ってみるっていうのも良いですよ。

親自身も何かに興味を持てるってことは本当にメリットだらけで、子どもの好奇心を育てるきっかけになるのはもちろん、親自身の趣味の幅が広がったり、外に出て行くきっかけになったりして、結果的に認知症予防になったり。

図鑑を子どもに与える場合も、それ以外の場合も何でもそうだけど、無理矢理やらせるのではなく、まずは親が物事を楽しむことが、結果的に子どもの人生の可能性を広げることにもつながるんですよ。」

図鑑は、世の中に対するあらゆる好奇心のきっかけ!

子どもを賢い子に育てたいと思った時に必要なのは、親がきっかけを作り好奇心を広く持つ可能性を広げてあげること。そして親自身も人生を楽しむことなんですね!

今回インタビューした、瀧靖之教授の著書『16万人の脳画像を見てきた脳医学者が教える 「賢い子」に育てる究極のコツ』には、脳科学の観点から考えられた、子どもの可能性を広げるテクニックが満載。

「子どもはのびのび育てたい!だけど賢い子にもなってほしい!」と考える欲張りなお父さんお母さんのバイブルになるはずですよ。