16日、煎蛋網は、「日本のオフィスの5つの怪現象」と題する記事を掲載した。資料写真。

写真拡大

2016年8月16日、煎蛋網は、「日本のオフィスの5つの怪現象」と題する記事を掲載した。

記事の著者は、日本や米国で働いた経験を持つといい、まず、日本のオフィスはそのたたずまい自体が奇怪で、初めて経験する人は「みんな震撼する」としている。理由は、「日本のオフィスではデスクが仕切られていないことが多く、社内の風通しがいいようにも思えるが、常に他人に見られている感覚があることから気を抜ける時間がなく、結果的に仕事の効率を下げている」とのこと。その上で、記事は日本のオフィスで起こる5つの怪現象を紹介している。

1つは「ヤクルトレディ」がやってくること。ヤクルトレディは昼前にオフィスビルなどを訪れる女性販売員で、日本各地にいるのだそうだ。2つめは「人事異動」。記事は、「ほかの国の事情は分からないが、米国ではそんなことはなかった。日本では毎年、大規模な人事異動が行われる」とし、一つの部署での経験がいくらあっても、誰もが例外なく人事異動の対象になるとしている。

3つめは「やることをすべて宣言しなければならない」こと。日本のオフィスのように、狭い場所に固まっていることの悪い点として、「どこへ行くにも、どこから帰ってくるにも、報告しなければならない」ことを挙げる。それ自体は悪い習慣ではないというが、「上司や同僚が懸命に仕事(あるいは仕事のフリ)をしている中で、『お先に失礼します』と宣言するのは気まずく、米国で働いていた際にはそのようなことを考える必要はなかった」という。

4つめは「昼寝」。記事は、「多くの日本人が残業していることで睡眠時間が削られている」とし、そのしわ寄せが昼の休憩時間に来ていると指摘する。「日本のオフィスでは昼の休憩時にデスクに伏せて寝ている人が少なくなく、中にはマイ枕を持参する人もいる」と記している。

そして、記事が「最も奇怪な現象」として挙げた5つめが「朝礼のスピーチ、合唱、運動」だ。著者は渋谷で働いていたときに最も印象に残っているのが、毎朝、全員が必ずスピーチし、社歌を歌うことだったという。記事は、「日本の会社では社員に元気を出させるためによく行われることだというが、こうした活動を辞めて社員をもう30分寝かせた方が元気が出るのではないか」としている。(翻訳・編集/北田)