100%プラスチックゴミでできた建材「RePlast」で建てる家

写真拡大

衣服、生活用品などをデザインした故ヨーガンレールさんは、海岸で拾ったプラスチックゴミを使ってアート作品を制作していましたが、海にはまだまだゴミが溢れているようです。

最近ではリサイクルが定着してきたように思えますが、それでも全体のわずか8%未満しかリサイクルされていないのだとか。

残りの98%のプラスチックゴミは、海に投棄されているんですって。

多種多様な海洋生物が生息しているハワイ諸島で、プタスチックゴミが家になるまでの様子

日々せっせとプラスチックゴミの分別をしているのに、行き着く所は海。

悲しくなる現実ですが、再利用プラスチックの用途が、まだ未開拓な分野なのかもしれません。

最近ではリサイクルの定着してきたように思えますが、プラスチックゴミのリサイクル率は、全体のわずか8%未満。残りはすべて海へと流されています。そんなプラスチックゴミを材料に「RePlast」という建材を作ったハワイのBYFUSIONというチームをご紹介。

そんなプラスチックゴミから海洋生物を救うべく「BYFUSION」というチームが、ハワイで立ち上がりました。

プラスチックゴミから「RePlast」という建材を作り、家を建てているというのです。

最近ではリサイクルの定着してきたように思えますが、プラスチックゴミのリサイクル率は、全体のわずか8%未満。残りはすべて海へと流されています。そんなプラスチックゴミを材料に「RePlast」という建材を作ったハワイのBYFUSIONというチームをご紹介。

製造プロセスは、粉砕して圧縮して固めるだけ。コンクリートブロックのように形成すれば、エコな建材のでき上がりです。

最近ではリサイクルの定着してきたように思えますが、プラスチックゴミのリサイクル率は、全体のわずか8%未満。残りはすべて海へと流されています。そんなプラスチックゴミを材料に「RePlast」という建材を作ったハワイのBYFUSIONというチームをご紹介。

コンクリートと比べて温室効果ガス排出量が95%も低く、断熱と防音の面でも優れているそうですよ。

製造行程で接着剤が使われることもなく、洗浄も必要としないので、リサイクルすることで別の資源を消費することもないんです。

最近ではリサイクルの定着してきたように思えますが、プラスチックゴミのリサイクル率は、全体のわずか8%未満。残りはすべて海へと流されています。そんなプラスチックゴミを材料に「RePlast」という建材を作ったハワイのBYFUSIONというチームをご紹介。

ゴミだと知らなければ、なんだかモザイクアートのように見えてくる気もします。

未来では、こんな建材が当たり前になっているといいですね。

RePlast [ByFusion]