社会人になると、起きている時間の大半は仕事をしている生活に。仕事の目的や動機は人それぞれですが、自分でも納得のできる仕事を選んで、充実させたいと思いますよね。
毎日の仕事がストレスだらけ、というのでは悲しすぎます。では幸せな働き女子になるためにはどうすればいいのでしょう?

「好き」の気持ちを大切にできてる?

「お給料のぶんだけ働けばいい」「お金のためと割りきっているから」――といううしろ向きな考えでは、いつか必ず不満やストレスが溜まっていきます。仕事をするなら、やはり「好き」という気持ちがベースにあって、やりがいを感じられるものを選びたいものです。“私にはとてもムリ”なんて思わないで! 道は思わぬところで開けていくかもしれないのですから!!

ハッピーキャリアを手に入れるために知っておきたい3つのこと

“夢の仕事”は試行錯誤の先にある

そもそも「自分の才能を遺憾なく発揮できる“天職”はこれだ!」と知っている人ってどれだけいるでしょう? 20代〜アラサー世代ではまだそんなに多くはないはずです。やってみたいという仕事はあっても夢だけで終わらせたり、挑戦もせずにあきらめてしまうことだってめずらしくありません。
でもそんな状態に焦ることはないのです。いきなり“夢の仕事”につけるなんてまるで宝くじに当選するようなもの。誰だって試行錯誤を重ねるのが当たり前。「あれでもない、これでもない」とジグザグ迷っていくなかで、いつか自分が本当にやりたいと思っていることが少しずつ見えてくるもの。大事なのは、探そうという気持ちを持ち続けることです。

余念のない情報収集で、思わぬチャンスに出会える!?

たとえすぐに仕事やキャリアに直結することではなくても、自分が興味関心を持てる分野については、学び続けたり、情報収集を怠らないことです。根底に“好き”という気持ちがあれば、これらのことは苦にならないはず。
こうした試みをSNSでどんどん発信していくことも大切。自分がどんな人間で、なにに興味を持ち、やってみたいと思っているのか。それをより多くの人に知ってもらえる絶好のツールです。そこから人脈を広げていったり、思わぬチャンスをつかむことだってあるかもしれません。知識や情報を“インプット”することと、周囲に向けて外部発信する“アウトプット”をバランスよく行うことで、自分の頭のなかも整理することができます。

自分の“才能”と“強み”をはっきりさせる

ただ漠然と「こんな仕事がしたい、やってみたい」と思うだけでは、願いはかなえられません。やはり人には向き、不向きがあるのですから、自分にできること、得意なことに徹底フォーカスするべきです。そこでどんな才能と強みがあるのか、よーく考えてみましょう。

【“才能”とは……?】
あえて努力しなくてもいい結果を出せるエリア。他人より上達がはやく、得意だと思えること。

【“強み”とは……?】
他人や周囲から強制されなくても、どんどん進んでやってみたいと思うこと、情熱をもってとり組めること

このふたつをフルに生かせるものこそ、あなたがやるべきことなのです。そして才能については、自分の子ども時代を振り返ってみてください。時間を忘れてひとつのことに没頭できることがきっとあったはず。たとえば、

・ ひたすらきれいな女の子の絵を描いていた
・ 空想が好きで、お話を書いていた
・ 友だちのなかでもリーダー的存在で、みんなの面倒を見るのが好きだった
・ 外遊びが好きで、いつも暗くなるまで外で遊んで、ケガをしても気にしなかった
・ お母さんの料理を手伝うのが好きで、お菓子作りが得意だった

職業・キャリアプランといったお堅い言葉とはかけ離れますが、でもじつはあなたの本当の才能はこうした子ども時代の経験に隠されていることが多いのです。大人のアタマではなく、子どものココロを思い出して、じっくり振り返ってみてください。

以上の3つのことを頭に入れながら、自分にとって幸せなキャリアとはなにか、じっくり考えてみましょう。答えはすぐには出てこないかもしれませんが、今後どうしたいのか、どんなふうになりたいのか、目指すべきものが見えてくると思いますよ!

▽ 参考雑誌(海外雑誌):『Psychologies』