半数以上も!? 「ブラジャーを選ぶとき」女子が考慮していない意外なアノこと

写真拡大

女性にとって下着選びとは、体型の問題や好きな形や色、身につけるシチュエーションなどさまざまな個人的事情が含まれるもの。

よって同じ女性だからといって、意外に他人の下着事情について知らなかったりするものです。

じつは彼氏用にちょっぴり過激な下着を買っている……なんてことも、女子同士であってもヒミツにしたいことだったりします。

そんな下着選びにおいて、ダイアナが女性500名から得た調査の回答をもとに、“ブラジャー選び”における驚きの事実をご紹介したいと思います。

■6割以上の女性がサイズを測らずブラジャーを購入!?

みなさんは、ブラジャーを購入する際にサイズをきちんと測ったうえ、購入していますか?

今回の調査によるとなんと64.2%の女性たちが、サイズを測ることなくブラジャーを購入していることがわかりました。

美しい胸をキープするには、正しいサイズのブラジャーを身につけることが大切などと言われている中で、これほど多くの女性たちがサイズ計測をスルーしていたとは驚きですね。

■えっ? 最後にサイズを測ったのは●年前……!?

「最後に自分のバストサイズを測ったのはいつですか?」という質問に対して、45.5%の女性が5年前以上と回答。

約5割近い女性たちが、こんなに長い間も自分のバストサイズを測っていないとは……。

自分自身のことはさておき、まさかこんなに多数の女性たちまでもが大切な工程をすっとばしていたなんて……と驚かれた方もきっと多いはず。

下着売り場にいくと、ついつい可愛いデザインに目がいきがちで、本来大切にすべき自分のカラダに合ったブラジャー選びからかけ離れてしまうこともありますよね。

■男性がサイズよりも気にしてる! ブラジャーのアノ部分……

サイズに合っていないブラジャーをつけていると、バストが脇や背中に流れてしまったり、形が崩れてしまったりと良いことはひとつもありません。

また主婦の友社が男性245人に「彼女や妻のバストまわりでガッカリすること」を調査したところ、1位に挙げられたのが、「下着からワキや背中の肉がはみ出ている」でした。

これも合わないブラジャーをつけていることから起こる残念な結果。

またほぼ僅差だった第2位「バストの垂れ」についても、同様のことが言えます。

薄着の季節ともなれば、脇から背中にかけてのラインがばっちり出てしまうもの。

ぷにぷにお肉がはみ出している醜い体にならないように、正しいプラジャーの選び方、付け方をいまいちどおさらいしてみましょう。

以上、“ブラジャーを選ぶ時”に女子が気にしてない驚きのアノ事についてご紹介しましたが、いかがでしょうか?

体に合わないブラジャーは、単にバストの形崩れなどの見た目の悪さを引き起こすだけでなく、肩こりや血行不良などの体の不調を引き起こすことも……。

下着も体の一部と考えれば、“からだにいいこと”の一部として、自分に合ったブラジャー選びにも熱が入るのではないでしょうか。