不安も焦りもあってOK。あえてどっぷり浸かる

写真拡大

「この仕事、向いてないんじゃないかな」とか、「あの人はあんなに頑張っているのに、自分はどうだろう」とか。

このところ、ずっと焦燥感や不安に駆り立てられていました。

でもこの感情、あって当たり前のようです。

20代後半になるクオーターライフ・クライシス

ライフハッカー[日本版]によると、これは人生の4分の1が過ぎた20代半ば〜30代のころに訪れる幸福の低迷期のこと。「クオーターライフ・クライシス」という名前もつくほど、当たり前に起こる感情なんだそう。

悩んでいるときは、自分ひとりだけ孤立しているような、どん底の気分のなかにいるけれど、いつも大きな声で挨拶してくれる向かいの家のおばさんだって、テイクアウトのコーヒーをさわやかなな笑顔で渡してくれるお兄さんだって、みーんな同じことを経験してきたのか。

そう思うと「なんだ、そっか」と自分ひとりではないことに安心してきます。

感情を共有しあう

でももし、それでも気分が晴れないなら、同じように感じている人と話し合うといいそう。

行き詰まりや惨めさを感じたときにまず最初にすべきなのは、友人たちと話し合うことです。私も20代のころ、同じような苦しみを経験していました。友人と話すことで、そのとき自分が感じていた「みんなから後れをとっている」という感覚が間違いだということがわかりました。

(「誰にでも訪れるクオーターライフ・クライシスを乗り越える方法」より引用)

「私だけじゃない」ってすごい心強い。乗り越えてきた近所のおばさんもコーヒーショップのお兄さんもすごい。

これからは迷うことなくどっぷり、クオーターライフ・クライシスに浸かろうっと。

写真/Shutterstock 文/グリッティ編集部