スニーカのような履き心地!ティンバーランドの新レザーブーツ

写真拡大

トレッキングや登山に向いたタフなつくりながら、タウンユースのファッションアイテムとしても世界中で広く愛されているティンバーランドのレザーブーツ。

ブランドのアイコンであるシックスインチプレミアムブーツが、スニーカーソールと融合した。本格レザーブーツのデザインはそのままに、まるでスニーカーのような履き心地を実現した、理想的なアイテムの誕生だ。

[関連記事]スペルガのNEWスニーカー! 素材は異なる3種類

三層のサスペンションシステムのソールを搭載

新登場した「ウェストモア(WESTMORE)」と「ブリットンヒル(BRITTON HILL)」コレクションに採用されたのは、ティンバーランドが独⾃に開発したハイテクソール「SENSORFLEX TECHNOLOGY(センサーフレックステクノロジー)」。

3層からなるサスペンションシステムで、これまでのシックスインチプレミアムブーツに使われていたラバーラグアウトソールとは全く異なる構造だ。このソールがブーツに搭載されるのはこれが初となる。

この柔軟性のある軽いソールが衝撃を吸収。これまでの本格レザーブーツにスニーカーの機能性がプラスされ、さらに履き心地のいい一足となった。

ラインナップは次のとおり。

image005
image007

image009
image011

9⽉上旬より全国のティンバーランド直営店および、オンラインショップにて発売予定。キャンペーンも実施予定だそうなので、ティンバーランドファンは要チェック。

ティンバーランド >> http://www.timberland.co.jp

 

(文/&GP編集部)

スペルガのNEWスニーカー! 素材は異なる3種類

登場から100年以上!「1000マイルブーツ」限定版

ルコックの名スニーカー「アーサーアッシュ」が限定で復活!