えっ、ワセリンもNG!? 「どんどん毛穴が詰まる」勘違いケアとは

写真拡大 (全4枚)

鏡を見るたびため息が出そうな毛穴の黒ずみ。「アレコレいろいろ試しているけど、一向に解消しない!」なんて悩んでいる人も多いでしょう。

そこで今回は、よかれとおもってやっているけど実はNGな、勘違いしやすい毛穴ケアをご紹介します。

■毛穴専用下地を愛用している

https://www.shutterstock.com

https://www.shutterstock.com

毛穴で悩んでいる人に多いのが、ファンデーションの“毛穴落ち”。これを防ぐために、毎日毛穴専用下地を取り入れていませんか? 

表面がツルリと均一化して、日中の皮脂もおさえてくれる万能下地ですが、実はこれが黒ずみの原因にも。

毛穴専用下地は肌への密着度が非常に高く、シリコンを多く含んでいるため、毛穴を埋めてくれるもの。ですから、毛穴専用下地を使った日は、使った部分のみでいいので、クレンジングをしっかりしてください。

鼻だけはオイルクレンジング、というのもオススメです。

■乾燥防止のためにワセリンを使っている

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

「乾燥することで毛穴が詰まりやすくなるから」とか、「揺らいだ日に使えるから」、「スキンケアの最後に塗っておくと乾燥しないから」なんて人が陥りやすいのがワセリンでの毛穴詰まり。

ワセリンは、肌を保湿するのではなく、防御壁の役割をするもの。表面に強固な膜を張ってくれるため、肌の保湿成分が外に出ていくのを防いでくれます。つまり、ワセリンをたっぷり使って塗ったり、朝の洗顔を水洗顔だけで済ませてしまったりしていたら、3日でいちご鼻になってしまうのです。

実は、ワセリンだけでなく、石油由来の保湿成分(ミネラルオイル)などにも同じことがいえます。夜スキンケアで重めのクリームを使っている人は、朝も洗顔料を使うようにしましょう。

■めん棒やパック、プッシャーなどで角栓取りをしている

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

どうしても気になるからと角栓をスッポリ取るのが癖で……という人も多いはず。すっきり取れて気持ちがいいですし、ファンデーションのノリもよくなりますよね。でも、やはりこの方法はNG!

というのも、肌表面というのはそもそも凸凹が少ないのが正常な状態。角栓を取ってしまうと、奥の必要なものまで取り去ってしまい、肌表面に穴を開けることになるのです。そうすると、肌が元に戻そうと必死に皮脂を出していってしまいます。

同時に、肌表面に穴があるのですから、外から与えるスキンケアやベースメーク、汚れなども溜めこみやすい状態になるということ。

いかがでしたか? 毛穴ケアの基本である、肌を柔らかく保つこと(毛穴も柔らかくなって正常な角質ローテーションになる)を守っていれば、鏡を見てもギョッとしない毎日が待っていますよ。

【筆者略歴】

矢粼 彩 ・・・ 女性誌を中心に各メディアにて美容ライターとして17年活躍中。「最新の正しい知識や情報と共にトータルビューティを叶える」理念の元、日本ダイエット健康協会公認ダイエットインストラクターとしてパーソナルケアやメディアでも発信中。

【画像】

※ Irina Bg、Tatiana Mihaliova、wavebreakmedia、Kellis / shutterstock