ペットと一緒にしないで!「子どものいない友人」に言われてイラつくひと言

写真拡大

結婚ラッシュが落ち着いてしばらくすると、子持ちの友人が増えてきます。

家庭によって子育ての方法も違えば、子どもの性格だって違います。そんな友人家族をみて何気なく放ったあなたの一言が、友人をイラっとさせてしまうことあることをご存知ですか?

たとえ、悪気がなくてもその地雷を踏んでしまったことで、その後の友人関係に亀裂が入ってしまうかもしれません。

そこで今回は、『BizLady』の過去記事と海外情報サイト『theAsianparent』を参考に、“子どものいない友人に言われてイラっとする一言”3つをご紹介します。

■1:忙しくて自由な時間がないわ〜

そうでしょう、そうでしょう。働き女子は仕事やスキルアップの勉強など毎日忙しくて趣味に没頭したりゆっくり眠る時間がないかもしれません。

しかし、子どもの世話というのは24時間365日休みがありません。

赤ちゃんの世話をしていると、ゆっくり座ってコーヒーを飲む時間さえないのです。

どちらが大変か、などという議論は無意味ですが、とくに子育てに慣れていない新米ママにはこのセリフはカチンとくるので要注意です。

■2:わかるわかる! うちにも犬がいるからね

まず最初に、子どもとペットを一緒にするのはやめましょう。この時点で喧嘩を売っていると思われます。もちろん、ペットだって可愛い家族の一員です。

しかし、癒しの対象であるペットは子どものように、わがままを言ったり兄妹喧嘩をしたりしませんよね。

お世話するという点でいうといくつか似ていることもあるかもしれませんが、比べること自体がナンセンスだということを認識しておきましょう。

■3:子どもができたら〇〇は絶対させないな

言うは易く行うは難し、ということわざをご存知でしょう。まさにそれです。

ぐずった時にジュースやビスケットでご機嫌をとっている友達に向かって、私だったらそんなことでごまかさないな、と言うのは簡単です。でも、実際は難しいんですよ、それが!

きっとその友達も毎回そうやっているわけではないでしょう。もしかしたら何か理由があるのかもしれません。その場面だけ見て無責任な発言をするのはママを非難しているようにも聞こえます。

仮定の話ならなんでも言えます、それをまずは肝に銘じて言葉を選ぶようにしましょう。

以上、“子どものいない友人に言われてイラっとする一言”3つをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

バリバリ仕事をこなしている働き女子には、そんなことでイラっとするの?と、にわかには共感できない一言ばかりかもしれませんが、きっと自分に子どもができたらすんなり理解できるでしょう。

それくらい、子どもを持つということは未知の世界に足を踏み入れるということなのです。子持ちの友人との会話には、上司以上に気を付けた方がいいかもしれませんね。