手芸・編み物、家庭菜園・ガーデニング、自家製梅酒や漬物など手作りにハマッてる人は半数近く

写真拡大

買えるものはたくさんあるけれど、自分で作る魅力って何? 手作りにハマる人がどんなことを楽しんでいるかを探ってみた。

【写真を見る】材料を買うときから、手作りの楽しみは始まっている!?

●手作りやDIYを楽しんでいますか?

「はい」と答えた人は全体の42%。そのうちの48%の人が「ものを作るのが好きだから」、29%の人が「自分好みのものが欲しかったから」などの理由をきっかけに始めたよう。また、自分で作ることの魅力を聞いてみると、「世界に 1つしかないものになる」(埼玉県 H・T)、「買ったものとは違う愛着が湧く」(広島県 M・H)などの意見が。一方、半数以上の人は手作り・DIYをしておらず、その理由を聞いたところ、「不器用だから」(東京都Y・M)や、「興味はあるけれど時間がない」(福島県 G・K)などの声が多数。まずは簡単に作れるものから、自分だけのオリジナルが出来上がる達成感を味わってみては?

●どんなことを楽しんでいますか?

1位/手芸・編み物 2位/家庭菜園・ガーデニング 3位/自家製梅酒や漬物

多くの人が手芸や編み物をしているよう。「時間ができるとちょっとした合間でも編みぐるみを作ります」(北海道 O・N)や、「古着は必ずリメイク!」(大阪府 M・A)など、習慣にしている人が多く見られた。次いで「家庭菜園やガーデニング」「自家製梅酒や漬物」という声も多数。「食」にこだわって手間をかける人が多いよう。そのほか、「すのこを使った収納棚作り」(東京都 I・M)など家具のDIYや、「パワーストーンのネックレス」(大阪府 K・A)などアクセサリー作りを楽しむ人も。

●今まででいちばん作ってよかったと思うお気に入りを教えて!

「畑でできた梅と、りんご酢や氷砂糖を使って梅サワーを作りました。おいしくできて満足」(埼玉県 O・S)や、「長いすを作りました。木なのでかわいいし、収納できるところもお気に入り!」(大阪府 M・A)など、既製品を買わずに自分好みに作った人が多数! また「初めて子どもが使った傘が壊れても、愛着があって捨てられず……。思い切ってエコバッグに作り直して、長靴やかっぱを入れて使っています」(徳島県 K・C)、「自分が着たウェディングドレスの布で、フォーマルドレスやカクテルドレスを数着作り、パーティーで着ています」(神奈川県 K・K)と、思い出の品をリメイクしている人も。「100円ショップの毛糸 2. 3玉で作った犬用のニット。友達の愛犬にプレゼントしたらすごく喜ばれました」(神奈川県 M・H)と、誰かに作ってあげる人などさまざま。どれも手間をかけ、思いを込めて作ったものは、大切な一品に。

●子どもと一緒に楽しく作れるおすすめは?

「刺しゅう糸で作るミサンガです。親子や友達とお揃いで着けられるので楽しい」(岩手県 U・Y)、「アイロンビーズやアクアビーズは、一緒にデザインや色を考えて形を作れるし、集中してやってくれるので楽しめます」(神奈川県 Y・K)、「あんパンを作るときは必ず手伝ってもらいます。あんこを量って丸める作業が、食べられる泥んこ遊びのようで楽しいみたい」(佐賀県 H・M)、「多肉植物の寄せ植え。最後に子どもが小さい頃集めていた恐竜のフィギュアも一緒に飾ると、意外とかわいくて大喜びしてくれます」(埼玉県 S・S)、「プランターで野菜作り。水やりなどの世話は子どもに任せて、収獲できた野菜を使って一緒にごはんを作ります。自分で時間をかけて作った野菜を食べるのは食育にもなっていいですね」(徳島県 K・C)などさまざま。簡単にできることと、子どもの興味や関心を引くものを取り入れるのが、みんなで楽しめるコツのよう。

●材料を買うときに必ずチェックするお店は?

1位/100円ショップ 2位/ユザワヤ 3位/ホームセンター

圧倒的多数で第 1位となったのが、100円ショップ。中でも「セリア」は「モチーフがかわいいものが多い」(大分県 T・M)と大人気。第 2位に「手芸用品なら何でも揃う」(大阪府K・A)と「ユザワヤ」がランクイン。園芸用品や木材が必要な人は、品揃えが豊富な「ホームセンター」を利用しているようだ。

●手作り・DIYにハマり過ぎて失敗したことはある?

材料の買い過ぎを挙げる声が多数。「ネットで安いからと毛糸を大量購入。作るものも考えてないのに……」(神奈川県 T・Y)、「気に入った布を見つけるとついつい買ってしまいます」(岡山県 W・R)、「材料があふれてしまい、収納に困ってます」(北海道 Y・M)などの声が寄せられた。また、「パン作りでずっとガスオーブンを使っていたら、 1カ月のプロパンガス料金が 4万円を超えてしまった」(佐賀県 H・M)、「時間を忘れてしまい、夕食の仕度に間に合わなかった」(京都府 I・M)などの声も。作ることに集中すると、ついやり過ぎてしまう人が多いよう。【東京ウォーカー/記事提供=レタスクラブ】