どんより顔卒業!今日からできる「すっぴん美人の肌習慣」3つ

写真拡大 (全4枚)

透き通るような肌のすっぴん美人やヘルシー肌でも健康的なすっぴん美人って、やっぱり憧れ。

筆者も長年、多くの美肌の持ち主を取材してきましたが、すっぴん美人たちにはある共通の習慣がありました。

そこで今回は、今すぐマネしたい彼女たちの共通点をまとめてご紹介します!

■1:顔は洗いすぎない、こすらない、いじらない

shutterstock_21665602

http://www.shutterstock.com/

まずは、クレンジングや洗顔をしすぎないこと。メークや汚れをきちんと落とすことは大切ですが、洗い上がりはすっきりのキュッとした感覚ではなく、気持ち“ヌメッと潤っているくらい”がベター。

そして、洗顔後は顔をタオルで拭かない! 

顔はあまりビショビショになるものではないので、お風呂上りでも、全身だけ拭いたら、着替えをして、スキンケアのステップに入ってOK。ちなみにこの方法、肌が敏感に傾いているときにも威力を発揮します。

また、毛穴が気になっても、潰せそうなニキビがあっても絶対にいじらないこと。

慢性的にトラブルを抱えている人のほとんどが、いじりすぎの傾向があります。気になるから鏡を見る、見るから気になる、いじってひどくする……というスパイラルですね。

メンタル的にも悪影響しか及ぼさないので、“何があってもいじらない”というルールを徹底して。

■2:毎晩お風呂にきちんとつかる

shutterstock_115986433

http://www.shutterstock.com/

透明感やヘルシーさに繋がるポイントがお風呂。どうしても血の巡りが悪い人は顔色が悪かったり、くすみや濁りのある肌になります。同時に、肌のバリア機能が低下している場合も。

お風呂に毎日つかり、血の巡りをよくしたり、交感神経と副交感神経のスイッチの切り替えをすることで、体の内側から美肌を育めるように。「忙しくて時間がないから」と睡眠時間を優先するより、眠くてもお風呂に入る方が実は体にとっても肌にとってもプラスなのです。

時間があるときには、シャンプー時に頭皮マッサージも取り入れて。

頭と顔は一枚皮で繋がっているため、頭皮が凝り固まっているとどんよりした顔になるもの。頭皮マッサージは高いエイジングケア美容液を買うよりも効果が狙えるんですよ。

■3:自分の素肌を知る

http://www.shutterstock.com/

http://www.shutterstock.com/

洗顔後のまっさらな肌状態を知ることが重要。しかし、それはスキンケアを使いながらやメークをするときに確認するものではありません! “何も塗っていない肌がどういう状態なのか”を知ることで、自分の肌に足りないものやトラブルがはっきりわかるようになります。

トラブルに合わせたスキンケアを揃えておくこともルール。毎日同じスキンケアを使うのではなく、毎日状態に合わせたレシピで使いましょう。スキンケアは高価・安価関係なく、肌の受け入れ態勢が整っていない限り十分に効果を発揮できないということをお忘れなく。

いかがでしたか? すっぴん美人たちが実践している3つの習慣、今日から少しずつでもよいのではじめてみてくださいね。

【筆者略歴】

矢粼 彩 ・・・ 女性誌を中心に各メディアにて美容ライターとして17年活躍中。「最新の正しい知識や情報と共にトータルビューティを叶える」理念の元、日本ダイエット健康協会公認ダイエットインストラクターとしてパーソナルケアやメディアでも発信中。

【画像】

※ Grekov’s、Phil Date、goodluz、Maksim Shmeljov / shutterstock