世界限定8本!伝統と現代を融合させた希少な腕時計

写真拡大

創業は18世紀という、長い歴史を持つスイス高級機械式時計ブランド、ジャケ・ドロー。匠の技によって生み出されるその洗練されたモダンなプロダクトは、美を愛する者たちに支持され続けている。

そんなジャケ・ドローを象徴する伝統技術であるパイヨン(金片)装飾の技法を復活させたタイムピースが誕生。世界でたった8本限定の、希少なモデルだ。

 ANA×nendoのコラボ時計、モチーフは飛行機の窓

細かな手作業で、ひと月に2本のみの生産

ゴールドやシルバーの金属箔を切り抜いた細密モチーフをエナメルで覆うパイヨン装飾は、ジャケ・ドローの職人たちによって18世紀に全盛期を迎えた高級装飾の技法。ブランドを象徴するこの技法が現代に蘇った。

sub1
文字盤上に繊細な幾何学模様を描くゴールドの繊細な金片は、スイス、ジャケ・ドロー本社内にあるアトリエ・オブ・アート(工房)にて職人がひとつひとつ手作業で配置。そこに独特の色合いを持つ“高温焼成”エナメルを塗り固める。

sub2

新旧の技術を同時に駆使し、金片のデザインも改良を施して、新たなタイムピースが生み出された。

sub5

sub6
極めて綿密な作業を要するため、ひと月に2本しか作ることができないがゆえの、限定モデルだ。

sub3

sub4

このたび発売されるラインナップは、ブルーとレッドカラーで彩った「ポケットウォッチ(THE POCKET WATCH)」555万1200円、斬新なバイオレットとアントラサイトグレー、ブルーのカラーリングの「グラン・セコンド(GRANDE SECONDE)」(493万5600円)、今回初めて直径35mmの女性らしいバージョンが加わった「プティ・ウール ミニット(PETITE HEURE MINUTE)」(443万8800円)の3種類。それぞれ限定8本の販売となる。

sub7

sub8

このジャケ・ドローにしか生み出せない美しいプロダクトを手に入れたい人は、ジャケ・ドロー ブティック銀座(03-6254-7288)に問い合わせを。

 

(文/&GP編集部)

[関連記事]
ANA×nendoのコラボ時計、モチーフは飛行機の窓

横向き文字盤に伝統が宿るティファニーの新作ウォッチ

文字板がスケルトン!シチズンの限定ソーラーウオッチ