世界遺産が幻想的なアート空間に。京都・下鴨神社で期間限定ライトアップ開催

写真拡大

緑豊かで神秘的な「糺(ただす)の森」の中に静かにたたずむ「下鴨神社」。世界遺産にも登録されている荘厳なこの地が、2016年8月17日から31日、夜限定で光と音の幻想的なアート空間へと変わります。

深い緑に包まれた歴史ある神社

京阪・出町柳駅から西へ7分ほど歩いたところに現れる自然豊かな「糺の森」。高い木々が空を覆い、参道沿いには小川が流れていて、歩いているだけでも清々しい気分になれます。

その先に構えるのが、京都屈指の歴史をもつ「下鴨神社」。一帯は世界遺産にも指定されている人気の観光地であり、豊かな緑は地域の人々の癒しの空間でもあります。

神聖な神社が、光と音に包まれるアート空間に変身

厳かで神秘的な姿の下鴨神社と糺の森が、8月17日〜31日までの夜間は「光と音のアート空間」に変身します。手掛けているのは東京を拠点にさまざまなジャンルのスペシャリストが所属するウルトラテクノロジスト集団「チームラボ」。ここでの展示は初ですが、光や映像、音を駆使した作品は世界各地で高い評価を得ています。
ライトアップされた参道沿いの木々の光がそれぞれにゆっくりと輝いたり消えたりする様は、まるで呼吸しているかのよう。光は人や動物が近くを通ると、色が変化したり音が響いたりと芸術を“体感できる”のが魅力です。

週末に現れる、球体がただよう幻想的な世界

開催初日と期間中の土日は「呼応する球体」という作品も見ることができます。下鴨神社の楼門をくぐると目に入るのは、そこにただよう光り輝く大きな球体。この球体は人が叩いたり何かにぶつかったりする衝撃で光の色が変化し、色を表す音色が響き渡るのです。それに呼応するように周囲の木々の光も変化し、人や植物などあらゆる生物たちがこの空間に存在していることを改めて感じさせてくれます。

由緒正しい神社と自然あふれる森が、最先端のテクノロジーとともに生み出す神秘的な世界に、足を踏み入れてみませんか。

ことりっぷの最新記事