【優しい世界】大事な愛車をバッキバキに破壊「車は代わりがあるけど、動物には代わりはいない」

写真拡大

フロリダのベロビーチに住むDenise Williford-Nealさんは、ご主人が少しずつお金を貯めて買ってくれた愛車をとても大切にしていました。

しかし先日、Facebookにアップされたのは、その大事な愛車をバッキバキに壊し始めている写真!! しかし、車を破壊している理由に世界が温かい気持ちになっているのです。

【車の中に生後6週間の子猫が】

Love Meow によると、実はこの車の中に生後6週間の子猫が入り込んでしまったんだそうです。子猫はどんどん奥に入り込んでしまい、人間の手には届かないダッシュボードの奥の方まで入り込んでしまったんだとか。

このままでは子猫の命が危ないと判断した夫妻は、車の修理店を営む Spada夫妻に連絡し愛車を破壊することを決意します。

【無事に救出されました】

その甲斐あって、無事に怪我もなく救出された子猫ちゃん。救出直後の動画では、ちょっと疲れている様子ですが本当に良かった!

動画に世界中から温かいコメントが寄せられています。

「幸運の子猫」
「子猫が無事で何より!」
「20時間そんなとこにいたなんて、さぞ暑かったでしょう。子猫ちゃんが元気で本当に嬉しいわ」
「この街で最高の修理工」
「まさにヒーロー」
「小さな命を救ってくれてありがとう」

【車にちなんで名付けられた「モンテ」】

大事な愛車はすっかり使い物にならなくなってしまいましたが、Deniseさん夫妻には新たな家族が仲間入り! 子猫は愛車にちなんで「モンテ」と名付けられたそう。元気な男の子なんだって。

「車は代わりがあるけど、動物には代わりはいない」と Deniseさんは話してるそうですよ。

参照元:Facebook、LoveMeow
執筆=黒猫葵 (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る