催眠状態の「脳」で起きていること〜子どもはかかりやすく、大人の5人に1人は全くかからない

写真拡大

 催眠状態に陥っているヒトの脳内は、いったいどうなっているのか? 何らかの変化が脳内で起きているのだろうか?

 その興味深い実相が、米スタンフォード大学医学部のDavid Spiegel氏らによるMRI検査の研究報告で明らかにされた。

 催眠(hypnosis=ヒプノシス)は、暗示に左右されやすい変性意識状態の一種。ギリシア語で「眠る」を意味するが、明治期の日本上陸当時は「眠りに催す」状態と誤認されてしまい、訂正が効かぬまま催眠術(hypnotism)の呼び名が定着してしまった。

 実際、うたた寝と似て非なるものらしいが、意識構成の一つである「広がり」が低下した狭窄状態を「催眠状態」と呼んでいる。

 では、この催眠をめぐるSpiegel氏らの脳内研究は、どんな分析結果を読み取ったのだろうか?

 研究に際しては545人の潜在的な参加者から、最終的に57人の被験者が選定された。そのうち36人に関しては非常に催眠にかかりやすい傾向にあり、対照的に残りの21人は催眠にかかりにくい人たちだった。

「自分」が消えて「他人」のいいなりか?

 実験では、「各自の安静時」、「記憶を想い起こしている時」、「催眠状態を惹起するためのメッセージに曝された時」、それぞれのシチュエーションでMRI検査が行なわれた。その際の血流の変化が検出され、被験者ごとの脳活動が測定された。

 結果、催眠にかかりやすい被験者の層では、催眠時に3つの明瞭な脳内変化が認められた。この著しい変化は催眠状態でない場合は認められず、そもそも催眠にかかりにくい層の脳内では見られない現象だった。

 論文に従えば、前者の層では、催眠時に次のような変化が脳内で起きていた。

 変化 脳を司る主要ネットワーク(Salience network)の一部である「背側前帯状皮質(Anterior cingulate cortex)」の活動が低下していた――この領域は物事を比較する機能を有し、心配するに値するかどうかを判断する際に働くといわれている。
 
 変化◆脳の最も進化した部位であり、集中力の源泉(=計画の立案やタスクの遂行を司る)である「背外側前頭前野(Dorsolateral prefrontal cortex)」と身体状況の把握を司る「島皮質(insula)」のつながりが増大していた――催眠状態下では、その人の心拍数や血圧を変えることも可能とのことだ。

 変化:一方、同じ「背外側前頭前野」と創造性に富む「初期モードネットワーク(Default Mode Network)」のつながりは減少傾向が認められた――このDMNはぼんやりしたり、自分のことを考える際に活性化する領域。ひるがえって催眠にかかりやすい人の場合、催眠術者の思うまま、指示された行動を無意識に行う。
大人の5人に1人は全く催眠術にかからない

 Spiegel氏によると、「大人の5人に1人は、全く催眠術にかからない。残りの4人はその中間であり、全体の10〜15%の人が催眠術にかかりやすい。12歳までの児童に関してはその率がさらに上がり、80〜85%の児童が容易に催眠術にかかる」という。

 しかし、「12歳以降は次第にトップダウン回路が完成するため、かかりにくくなるのが一般的である」とのこと。

 そもそも、わたしたちが<見て・聞いて・感じて・信じる>という意識は、Spiegel氏のいう「トップダウン」の情報処理に基づいている。

 つまり、自分が見ているのは必ずしも眼から(=外から)入った情報ではなく、その多くは過去の経験により蓄積された知識を介在して見ている(=判断している)わけだ。

 そんな回路の流れを前提に、前述の´↓を読み直せば、懐疑力が低下し、集中力だけは冴えわたり、主体性に乏しい、催眠状態の人が、トップダウンの指示に従順なのがわかるだろう。カウンセリングや瞑想、偽薬(プラセボ)の効果もこれに似ている。

 ちなみに、催眠にかかやすい人の場合、暗示作用で色鮮やかな抽象画から色が抜け落ちたり、灰色系の絵画に色を加えたりする情報操作も可能らしい。

 『Cerebral Cortex』(オンライン版・7月28日)に掲載された論文を補足して、Spiegel氏は「催眠状態の際に脳で起こる事象を示した研究は、今回の我々の試みが初めてだと自負している。この知見を活かし、治療に役立つ催眠反応を強化するきっかけとしたい」と語っている。

 Spiegel氏によれば、現時点で禁煙治療や、痛みやストレスへの対応法に「催眠」が有用であることが判明しているそうだ。催眠の応用が進むならば、かかりやすい人のほうが<救われる>という疾患や事例が出てくるかもしれない。
(文=編集部)