乳酸菌やビフィズス菌はダイエットの強い味方(shutterstock.com)

写真拡大

 肥満は万病のもと。動脈硬化や脳血管疾患、心臓疾患、さらには糖尿病などいわゆるすべての生活習慣病につながる。見た目の問題だけではなく、ダイエットは健康にもおおいに関係する。常日頃から痩(や)せたいと思っている人は少なくないだろう。

 乳酸菌はダイエットにも強い味方になってくれる。

基礎代謝率をアップで痩せ体質になる

 ダイエットで大切なことは、食べた分のエネルギーをきちんと消化することだ。痩せるためには、ただ単純に食べる量を減らせばよいというものではない。もちろん、摂取カロリーを抑えることは必要だが、それだけでは必要な栄養がとれず体にいろいろな支障が起こりかねない。理想は食べた分のエネルギーがきちんと消費できること。そうすれば太ることもない。

 そうは言っても、食べた分だけ体を動かすというのは容易ではない。特に、年齢とともに基礎代謝率が落ちるため、体重は減りづらくなる。

 そこで考えたいのが、体の「基礎代謝率をアップ」すること。血行や内臓機能をよくして消費カロリーを高め、不要なものを溜めこまず、排泄をする。このようなエネルギー効率のよい体になるためには、腸の中の環境を整えることだ。

 腸の中の善玉菌を増やし、便秘や下痢をなくして腐敗物をきちんと排泄し、血行をよくして栄養分の消化・吸収を助ける。そのために、乳酸菌やビフィズス菌によって「腸内環境を整える」ことは大切なのだ。

 さらに、最近の研究で、同じ食事や生活をしていても太りやすい人と太りづらい人がいて、それに腸内細菌の種類が関わっていることがわかってきた。これはワシントン大学での研究によるものだ。

 腸内細菌のある一群は「ファーミキューテス類」と「バクテロイデーテス類」に分類することができる。太ったマウスと痩せたマウスを比べたところ、太ったマウスにはファーミキューテス類の腸内細菌が多く、痩せたマウスにはバクテロイデーテス類の細菌が多いということがわかった。

 この報告によって、ファーミキューテス類は「デブ菌」、バクテロイデーテス類は「ヤセ菌」とよばれ、注目を浴びるようになった。痩せたい人はこの「デブ菌」を減らし「ヤセ菌」を増やすことで痩せやすい体質になるのではないかと考えられる。そのためにも、乳酸菌やビフィズス菌で腸内環境を整えることは効果的なのだ。
内臓脂肪や体脂肪を落とす乳酸菌

 体につく脂肪のうち、皮下につくものを「皮下脂肪」、内臓のまわりにつくものを「内臓脂肪」と呼ぶ。肥満のうち問題になるのは「内臓脂肪型」だ。内臓脂肪型肥満の人は、いわゆるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)として、さまざまな生活習慣病を引き起こすリスクが高いとして問題視されている。

 内臓脂肪を落とすためには、やはり食事や運動がポイントとなるが、乳酸菌の中には内臓脂肪を低減させる効果が明らかなものがある。ラットによる実験でも報告があるが、人の実験においてもその効果は証明されている。

 肥満傾向の男女87名を2グループに分けて、ある乳酸菌を含むヨーグルトを1日200g、12週間摂取させたところ、ヨーグルトを摂取した群は内臓脂肪と皮下脂肪が有意に減少したという。

 別の実験でも、肥満傾向の男女52名に4週間の経過観察後、ある乳酸菌を含む食品とプラセボ食品を12週間摂取させたところ、体重では明らかな差は出なかったものの、乳酸菌摂取者の体脂肪量がプラセボ食品を摂取していたグループに比べ有意に減少したという報告もある。

 ダイエットをしたいが効果がなかなか出ない、うまく続けられないという人は、食生活や生活習慣を見直すと同時に、乳酸菌やビフィズス菌によるダイエットをとりいれてみてはどうだろう。

 肥満解消に関連する乳酸菌やビフィズス菌には、LP28株、LGG菌、SBT2055株(ガセリ菌SP株)、ビフィズス菌B-3などがある。
 

後藤利夫(ごとう・としお)
1988年 東京大学医学部卒業。1992年東京大学附属病院内科助手。現在、新宿大腸クリニック院長。「大腸がん撲滅」を目標に独自の無麻酔・無痛大腸内視鏡検査法を開発。大腸内視鏡40000件以上無事故の大腸内視鏡のマイスター医師。一般社団法人・食と健康協会顧問。著作に『あなたの知らない乳酸菌力』(小学館)、『その便秘こそ大腸ガンの黄信号』(祥伝社)、『腸イキイキ健康法』(主婦と生活社)、『腸をきれいにする特効法101』(主婦と生活社)、『腸いきいき健康ジュース』など多数。大腸がんのインターネット無料相談も実施中。
新宿大腸クリニック公式HP http://www.daicho-clinic.com