またまたー!「嘘クサすぎる芸能人の言葉」3位すっぴんアピ、1位は…

写真拡大

かつて、アイドルが神格化されていた時代は、「アイドルはトイレに行かない」なんていう都市伝説があったことも。やはりファンの心理としては、好きな芸能人には騙されても綺麗でいてほしいものですよね。

それでもあまりに嘘くさいことを言われると、つい「うそつけ!」と興ざめすることも。

そこで今回『VenusTap』では、男女500名に「芸能人が言っても、“絶対ウソでしょ”と信じられない言葉は?(複数回答可)」というアンケート調査を実施。結果をランキングでご紹介します。

■1位はやはり、“恋愛報道の「ただのお友達です」”

<芸能人が言っても「絶対ウソ」と信じられない言葉ワースト5>

1位:交際報道への「ただのお友達です」(111人)

2位:モデルや女優がキレイの秘訣を聞かれ「何もしていない」(108人)

3位:インスタやブログの「スッピンです」(102人)

同率4位:アイドルの「彼氏or彼女はいません」(96人)

同率4位:売れっ子芸能人の「全然稼いでない」(96人)

1位は、「交際報道への“ただのお友達です”」が選ばれました。この言葉は、もはや所属事務所からのコメントで定型文化してしまっている感も。

冷静に考えれば、芸能人でも一般人でも、異性の友人や仕事仲間と2人で会う機会は珍しいことではなく、独身同士ならなおさら。本当にお友達の可能性だって十分あり得ますよね。

ですが、「ただのお友達です」と釈明した後で、交際を公表したり結婚に至ったりするのを数多く目にすると、「またまたー」と思ってしまうのは仕方のないことに思えます。

本当に交際していても、仕事への影響や事務所の制約のためにそう言わざるをえないのかもしれませんが……。

■30代はありえない? 2位は“モデル・女優の「なにもしていない」”

モデルや女優は、そもそも遺伝子的に美しい人々の集まり。10代や20歳前後で不摂生をしていそうな人が「なにもしていない」と言っても、「そうでしょうとも……」とそのまま信じてしまいますよね。

しかし、いくら美女とはいえアラサーを過ぎれば話は別。加齢による衰えは万人にやってくるはずですから、もし本人が何もしたくないタイプならなおさら、美貌を保つために事務所から美容指導が入りそうです。

でも仮に、「今はまだ20代後半だからぶっちゃけ何もしたくないんだけど、そろそろシミやシワに備えないといけないから、事務所に美容皮膚科とエステに行かされてまーす」なんて言われても、興ざめしてしまいそう。

せいぜい「お水をたくさんとります」、「オーガニック野菜を食べています」など、“キレイな発言”で夢を壊さない程度に秘訣を教えてほしいものです。

■もはやネタ化!? 3位“インスタやブログの「すっぴんです」”

ネット上では、「はいはいすっぴんで、アートメイクですね」、「画像加工ですね」、「光で飛ばしたすっぴん乙」などなど、叩かれ揶揄されてネタ化している芸能人の“すっぴんアピール”。

稀にローラのように、若くて濃い整った顔の“ガチすっぴん”が美しすぎるケースもありますが、それはそれで嫉妬される場合も……!?

要約すると、“10代から20代前半のすっぴん=自慢乙”、“アラサー以降のすっぴん=アートメイク、加工、奇跡の1枚”と言えそう。どちらにしろ、さほど好感度は上がらなさそうですね。

いかがでしたか? InstagramやTwitterなどネットで芸能人自ら発信する機会も増えている昨今、以前より一般人からの視線がシビアになっているとも言えるでしょう。

“虚構”が売りの商売をしながら、リアルとイメージとのバランスをとるのもなかなか大変そうですね。