7月の訪日外国人数は前年同月比19.7%増の229万6500人で、今年4月の208万2000人を大きく上回り、単月として過去最高となった。特に中国人訪日客は前年同月比26.8%増の73万1400人で、単月として初めて70万人を突破した。資料写真。

写真拡大

2016年8月17日、日本政府観光局が発表した7月の訪日外国人数は、前年同月比19.7%増の229 万7000人で、今年4月の208万2000人を大きく上回り、単月として過去最高となった。特に中国人訪日客は、前年同月比26.8%増の73万1400人に達し、単月として初めて70万人を突破した。中国人訪日客は4月から3カ月連続で50万人超を記録していたが、7月にはさらに弾みがついたことになる。

夏期休暇シーズンとなるなど訪日旅行需要がピークを迎える中、クルーズ船の大幅な寄港増加や航空路線の新規就航・増便に加え、これまでの継続的な訪日旅行プロモーションの効果などが訪日外客数の増加に大きく貢献した。

中国に次ぐのが韓国で、熊本地震で運休していた仁川〜福岡線の再開や新規路線の就航、旅行会社等によるセール価格での旅行商品の販売などが奏功し、同30.0%増の44万7000人を記録した。

以下、台湾39万7000人(同9.8%増)、香港18万4600人(同16.3%増)、米国11万7600人(同19.8%増)、タイ6万1300人(同18.2%増)の順。

8月もアジア市場からのクルーズ船の寄港数増加、航空路線の夏季増便などが、夏休みシーズン後半の送客拡大に大きく貢献すると予想している。

政府は観光振興を成長戦略の柱の一つとし、2020年の訪日外国人数を15年の約2倍の4000万人とする目標を掲げている。(八牧浩行)