©Lucasfilm 2016

写真拡大

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』へと続く、アナザー・ストーリー『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が2016年12月16日(金)に全世界同時公開されます。

日本の「スター・ウォーズ」ファンだけに明かされた衝撃新情報も!? 『ローグ・ワン』特報を見る

世界一斉解禁された最新映像に、大人気キャラクターにして悪役の代名詞とも言える、ダース・ベイダーがついに登場!

デス・スター設計図奪還計画を描くアナザー・ストーリー

「スター・ウォーズ」伝説の原点『スター・ウォーズ エピソード 4/新たなる希望』へと続く、今まで語られることのなかったもう一つの物語。

『新たなる希望』でレイア姫がR2-D2 に託した、帝国軍の要塞であり究極の兵器“デス・スター”の設計図。

オープニング・クロールの中にある[反乱軍のスパイは帝国の究極兵器に関する秘密の設計図を盗み出す事に成功した]という一節。

「反乱軍はどのようにデス・スターの設計図を盗み出す事ができたのか? 」という積年の謎を解き明かす、新たなる伝説の物語です。

帝国のマーチが不気味に流れる新予告編

今回の映像では、帝国軍の支配が着々と進む銀河で“ダース・ベイダーのテーマ”として知られる「帝国のマーチ」の音楽が流れるなか、反乱軍に加わった女性戦士ジン・アーソを筆頭に、寄せ集め5人の極秘チーム「ローグ・ワン」の姿が描かれます。

反乱軍のメンバーから「お前を信用できるのか? 」と問われ「お互い様でしょ」と強気に返答するジン。

『シスの復讐』と『新たなる希望』の間、すなわちジェダイが存在しない時代。

フォースもライトセーバーも使えない、はぐれ者の寄せ集めでバラバラの5人のチーム「ローグ・ワン」は「97.6%の確率で失敗する」という極秘ミッション[帝国軍の究極兵器“デス・スター”の設計図奪取]を遂行する事ができるのでしょうか。

ストームトルーパーやデス・トルーパーという戦闘のプロ集団を要し圧倒的な力を持つ帝国軍に対し善戦する反乱軍。

ダース・ベイダーついに登場

映像の最後に全てを嘲笑うように登場するのが、悪の帝王ダース・ベイダーです。

スクリーンには二度と現れないと言われながらも、その圧倒的な存在感とその背景にある熱く切ないストーリーに、再登場への熱望が絶えることがなかった、悪の帝王の満を持しての登場。

僅かな登場にも関わらず、世界中の観客には大きな期待、そして反乱軍「ローグ・ワン」の5名には圧倒的な絶望を植え付ける、最大級のインパクトを放っています。

「ローグ・ワン」5人のメンバー

ジン・アーソ(演:フェリシティ・ジョーンズ)…窃盗・暴行・書類偽造と悪いことは何でもこなす孤独なアウトロー。

キャシアン・アンドア(演:ディエゴ・ルナ)…ジンのお目付け役で優しい性格。実戦経験も豊富で情報戦に強い切れ者。

チアルート・イムウェ(演:ドニー・イェン)…唯一“フォース”の存在を信じ、ジェダイの教えを胸に戦う盲目の戦士。

ベイズ・マルバス(演:チアン・ウェン)…“フォース”の存在を信じない無鉄砲で重装備の戦士。チアルートの親友。

ボーティー・ルック(演:リズ・アーメッド)…帝国軍の運び屋?その正体は気が短くて荒っぽい反乱軍の凄腕エース。

スター・ウォーズ プロデューサーコメント

ルーカスフィルムの社長で本作ではプロデューサーを務めるキャスリーン・ケネディは、

「スター・ウォーズ」の世界には、別の形で語られるべき物語がある”という、ジョージ・ルーカスのアイデアから本作品が生まれました。

この『ローグ・ワン』は、家族の物語という「スター・ウォーズ」の価値観を継承しつつ、これまでのファンはもちろん、新しい世代の観客をも魅了するような作品になるでしょう。

と語りました。

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

「ひとりでは、戦えない──」
銀河全体を脅かす、帝国軍の究極の兵器“デス・スター”。その設計図を奪うため、無法者たちによる反乱軍の極秘チーム<ロ―グ・ワン>に加わった女性戦士ジン・アーソは、様々な葛藤を抱えながら不可能なミッションに立ち向かう。その運命のカギは、天才科学者であり、何年も行方不明となっている彼女の父に隠されていた…

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)に全世界同時公開