8月7日、 富士スピードウェイでSUPER GT第5戦「2016 AUTOBACS SUPER GT Round5 FUJI GT 300km RACE」の決勝が行なわれました。

1

午後2時35分に静岡県警の白バイとパトロールカーがGTマシンを従えパレードランが行われ、2時42分に33,500人という大観衆が見守る中、ローリングによる決勝レースがスタート。

ポールポジションからスタートの55番 ARTA BMW M6 GT3が絶好調のスタートを見せホールショットを決めますが、2番手スタートの21番 Hitotsuyama Audi R8 LMSもガッツリと後を追いかけます。

3番手スタートだった51番 JMS LMcorsa 488 GT3は2周目以降じりじりと後退し、4周目で61 番SUBARU BRZ R&D SPORTが前へ。3番手に上ります。

5周目からARTA BMW M6 GT3、Hitotsuyama Audi R8 LMSの激しいバトルが延々と続き、Hitotsuyama Audi R8 LMSはTGRコーナー(第1コーナー)で何度も抜きにかかりますが、そこを踏ん張るARTA BMW M6 GT3。Hitotsuyama Audi R8 LMSはなかなか前へ出られません。

そのバトルに、いよいよSUBARU BRZ R&D SPORTが追いついてきて、いよいよ三つ巴のバトルか?という矢先の16周目にセーフティーカーが導入され、上位3台のバトルに水が差されることになりました。あわせて、この3台とそれ以降に開いた大きなアドヴァンテージも帳消しに。

21周目でレースが再開されると、ARTA BMW M6 GT3、Hitotsuyama Audi R8 LMSの2台は群を抜いての速さを見せます。好調なリスタートのARTA BMW M6 GT3に逃さず食いつくHitotsuyama Audi R8 LMS。遅れてSUBARU BRZ R&D SPORTが後を追います。

29周目でHitotsuyama Audi R8 LMSがピットイン。先にピットを終わらせてARTA BMW M6 GT3がピットに入っている間にトップに立ってしまおうという作戦か?

ここで30周目にARTA BMW M6 GT3がピットイン。ピットタイム36秒6という速さで作業を終えるとコースへ復帰。見事にHitotsuyama Audi R8 LMSの前でのアウトラップに成功します。

ピット作戦でARTA BMW M6 GT3にわずかに及ばなかったHitotsuyama Audi R8 LMS。しかし終盤にARTA BMW M6 GT3がペースを落としつつあったことでギャップがどんどん詰まって行き、残り5周で2秒を切るほどに接近します。

しかしHitotsuyama Audi R8 LMSの接近に最後の力を振り絞って抗うARTA BMW M6 GT3。並びかかけられても見事にかわしてトップを死守!

ラストラップの最終コーナー、リチャード・ライアンのHitotsuyama Audi R8 LMSは小林のARTA BMW M6 GT3のスリップストリームにガッツリと入り込むと、最後の最後で勝負を仕掛け並びかけます。しかし追い抜くよりも早くコントロールラインがやってきて、先にラインを踏んだのはARTA BMW M6 GT3。

0.106秒差でARTA BMW M6 GT3が優勝を果たしました。

2位はHitotsuyama Audi R8 LMS。アウデとしてはSUPER GT参戦以来の最上位でのフィニッシュとなります。

3位はSUBARU BRZ R&D SPORT。SUGOに続いての連続表彰台。

4位はマネパ ランボルギーニ GT3。

5位にはグッドスマイル 初音ミク AMG。初音ミクとしては今期最上位。1戦毎に順位を上げてきていますので、鈴鹿戦では台風の目になるかもしれません。

前戦SUGOでは表彰台に一台もいなかったGT3勢。ここ富士では2台が表彰台に上り、SUBARUとUPGARAGE以外のポイント獲得はGT3勢ということで、GT3勢復活の狼煙が上がったかのように見えました。

次戦はボーナスポイントのつく鈴鹿での1000kmレース。ARTAはかなり重いウェイトを積んでの参戦になります。まだまだシリーズの行方がわからないSUPER GTのGT300クラス。

次戦の鈴鹿はよりいっそう面白い展開になりそうです。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

 

ドッグファイト!第5戦富士GT300はBMW vs アウディの超接近バトルが展開【SUPER GT 2016】(http://clicccar.com/2016/08/17/393103/)