めちゃ忙しい今の大学生(写真:アフロ)

写真拡大

 夏休みを利用して、大学が受験生に学校を解放して中味を知ってもらう「オープンキャンパス」が開かれている。だがそれだけではなかなかわからない大学生の実像とはなにか。むしろ保護者世代こそ、知らねばならない事実をコラムニストのオバタカズユキ氏が指摘する。

 * * *
 夏休みも後半戦。接客に気合いを入れ直しているのは行楽地の業者ばかりじゃない。オープンキャンパスを開催中の大学も受験生サービスに必死だ。

 なにしろ全国の私立大学の約4割が定員割れをおこしている時代である。18歳人口の減少で、大学経営の悪化が一気に顕在化する「2018年問題」を目前に、どこの大学も目を吊り上げている。

 エンタメ要素を詰め込んだ体験授業で来客に楽しんでもらおうとするのは基本形。中には、入場者に1000円の図書カード進呈などという大学もある。どれだけ打つ手がなくなっているのかよくわかる。

 そんなオープンキャンパスで見ることができるのは、当然のことながら素顔の大学ではない。だから、毎春刊行の『大学図鑑!』では、大学見学はできるだけ平日に行こう、ふだんのキャンパスを覗こう、と提唱してきた。自分に合った大学に進みたいなら、高校を休んでもそうする価値があると思うのだが、実践のハードルは少し高いかもしれない。

 そこで、みんなが普通に行く夏のオープンキャンパスの利用の仕方をひとつ提案したい。この行事のいいところは、在学生が受験生やその保護者などの相手をする、個別のQ&Aの機会を設けてくれるところだ。オープンキャンパスでの個人面談は面接試験でもなんでもないので、聞きたいことを遠慮なく聞けばいい。

 私が受験生ならば、是非ぶつけてみたいのは、「みなさん、やっぱり忙しいですか?」という質問だ。学生自身の一日の典型的なタイムスケジュールを聞き出したい。

 というのも、毎年、「忙しい大学生がやたら多い」と実感させられているからである。「大学生活=暇たっぷり」というのは保護者世代の昔話だ。もちろん、大学差、学部・学科差、個人差は大きいのだけれど、総じて、学生たちはバタバタしている。サークル部室でぼけーっと暇つぶしをしている学生さん、といった姿はレアになってきている。

 では、最近の大学生はなぜ忙しいのか。主に3つの要因があると思う。

 その1つは、「近頃の学生は授業によく出るから」だ。理系や医歯薬系の学生は昔からそうだったが、今は文系も暇人が少ない。さぼれない授業が多いし、授業をさぼりたいという学生の欲求も下がっている感触がある。

 参考データとして、東京大学が実施した「大学教育の現状と将来〜全国大学教員調査」がある。それによると、大学生の授業出席率の平均は8.6割だ。教員に尋ねた結果の数値とはいえ、驚異的に高い。この調査は2010年のもので少し古いのだが、いわゆる楽勝科目は年々減っており、出欠をきちんと取る授業が増えているので、現在の大学生の授業出席率はよりアップしているはずだ。

 保護者の世代では「代返」が盛んに行われていたが、今は少人数教室が増えてそれも難しい。というか、そこまでの「手間」をかけてサボるよりも、授業に出て寝たほうが楽と考える向きが強くなっている。

 また、かつては3年か4年次から始まったゼミが、今はほとんどの大学で1年、2年次からスタート。その準備のために必要な時間も多い。課外時間にゼミのメンバーがミーティングを開く日程調整が大変だ、というゼミ長の愚痴もありがちだ。なんだかんだ用事のある者が多く、全員集合が難しいのである。

 その「なんだかんだ用事」の筆頭はアルバイトだ。部活、サークル活動は縮小傾向が続いているのだが、バイトでせわしない学生は増えている。自分の小遣い稼ぎのためだけでなく、生活費のために否応なく働いているケースも珍しくない。

 インテリジェンス社の「anレポート」(2016年3月調査実施)によると、アルバイトをしている学生の1週間のシフト数でもっとも多いのは「3日〜4日」で49%、平日1日のシフトの平均勤務時間のほうは、3時間以上5時間未満が42%となっている。すでに社会人である読者は、自分の学生時代を思い返して数字を見直してほしい。週3〜4日、1日あたり3〜5時間のバイトをしていたという人は、そんなにはいないと思う。
 
 また、「ブラックバイト企業対策プロジェクト」が行った調査(2014年夏実施)もある。それによると、大学生のアルバイトで最も多かった週あたりの労働時間は「15時間以上、20時間未満」の27.7%。「20時間以上」の回答も28.2%だったとのこと。この調査では、残業代が支払われないといった不当な扱いを経験した学生が全体の約67%だったともいう。

 授業に縛られ、バイトで絞られ、なおかつ最近の大学生は移動に時間を取られている。進学先の地元志向が強まり、実家暮らしの大学生が本当に増えているのだが、そのぶん遠距離通学者も増えている。

 独立行政法人日本学生支援機構の「平成26年度学生生活調査」では、自宅通いの大学生の通学時間は、全国平均で片道67.4分、東京圏だと72.5分。往復2〜3時間を費やしているのが当たり前なのである。片道「91〜120分」も全国で19.5%、東京圏だと22.7%いる。自宅から大学まで片道「121分以上」という毎日が小旅行状態の学生も、全国で6.0%、東京圏6.3%と「例外」扱いできない程度に存在する。

 自宅通いの学生に話を聞くと、「経済的にきついから」「親に迷惑をかけたくないから」とたいてい言うが、月に何万円も通学定期代がかかっているのはどうなのか疑問に思うことがある。マンションやアパート暮らしの家賃が問題なら、シェアハウスがあるじゃないか、と言いたくもなる。実は「生活の面倒を見てくれる親と一緒のほうが楽だから」という理由が一番大きいように感じる。

 まあ、その是非はさておくとしても、結果、今の大学生は忙しいのだ。よく学び(?)、よく働き、よく移動しているからである。

 大学受験まで、部活と定期テストと入試対策でぎちぎちの生活を送ってきた人が大半だろう。難関大の受験生ほどそうだったはずだ。大学に入ったなら、好きなことを存分にやりたい、今までの息苦しさから解放されたい、という思いで頑張っている受験生は今だってたくさんいる。でも、その希望が叶って大学に入ったら、あれれ、ゆっくりものを考える時間もないぞ、となる罠が待ち構えているのだ。

 だから、オープンキャンパスで、その大学や志望している学部・学科の学生の「忙しさ」を直接当人たちに聞いてほしい。許容できる忙しさかどうか、「忙しくても充実していますよ」という言葉が本音かどうか、感じ取ってくるのだ。

 我が子のオープンキャンパス見学についてくる保護者が普通にいる。それはそれで「どうなの?」と言いたくなるが、どうせ出かけるなら親も昔と今のキャンパス生活の違いをしかと確認してきてほしい。

 親の学生時代は「大学のレジャーランド化」がよく指摘されていたものだ。今、大学がそんな調子でいたら、冗談でなく潰れる。遊んでいる場合じゃないキャンパス事情は、息子さんや娘さんが生きていくこの国の余裕のなさそのものなのだ。