全女子の憧れ? 幸せな結婚式をプロデュースする「ウェディングプランナー」ってどんな人?

写真拡大

 

イマドキ女子にとって、将来何の仕事を選ぶかってとっても重要!

そこで!世の中の女子の憧れのお仕事「気になる裏側」や、「ぶっちゃけ月収いくらなの?」など、お仕事選びに役立つ情報をお届け♪

今回は女の子の憧れ「ウェディングプランナー」の仕事に密着!

 

 

そもそも「プランナー」って何する人?

 

とりあえず、結婚式のお手伝いをする人ってのはなんとなく分かるけど、何する人なの?

大きく分けるとこの3つ。

 

(1)新規営業(その式場で結婚式を挙げてくれるカップルを捕獲する)

(2)事前準備(当日までに必要な物の手配、スケジュール管理など)

(3)当日の進行(式当日が上手くいくよう全力でサポート)

 

もちろん当日が一番大事ですが、結婚式は当日までに準備することがとにかくたくさん!

その全てを管理し、プランニング、成功させるのがプランナーのお仕事なんですね。

 

 

なり方と適正チェック!

 

ウェディングプランナーに関しては、学歴や資格は基本関係ありません。

ですが、人気の職種であるため、最近ではブライダル関連の講義を行うスクールや大学もあり、そういった学校で勉強してきた人が有利になることもあります。

もしくは、マナーが非常に大事な職種の為、対象者に「社会人経験のある方」という項目を入れる会社もあります。

 

 

 

 

 

 

 

akane(花嫁アカウント)さん(@akane_wed326)が投稿した写真 -

 

 

 

 

 

 

 

▼「こんな人が向いてる」をまとめてみると

・ビジネスマナーや礼儀が備わっている

・人に喜んでもらう事に喜びを感じる

・想像力豊かで人の気持ちに寄り添える

大事なのは、資格よりも「結婚式を必ず成功させる」気持ちということですね。

 

 

 

とあるプランナーの1日

 

ではさっそく、どんな1日を過ごしているか覗いてみましょう。

 

【結婚式前日の場合】

8時 起床

10時半 出社

11時 朝礼&掃除

メールの返信や資料送付、ブライダルフェアへのご案内など、問い合わせのあったお客さまに対する対応。

13時 昼休憩

14時 お客様と打ち合わせ ※日によっては2・3件入ることも

16時 引き出物やドレスショップとの打ち合わせと調整

17時 翌日の挙式の最終チェック

17時半 退社

 

Fotolia_81880593_Subscription_Monthly_M

 

このように、翌日に結婚式本番があるといっても、1組のお客様だけの対応をするわけではありません。

式場見学のお客様や別のカップルなど、たくさんの方のケアが必要。

式の当日ともなれば、新婦の朝は準備で大忙し!

当然プランナーも始発電車で出社。

翌日に挙式があれば夜はまたその準備と、早朝から深夜まで大忙しな事も。

一生に一度の結婚式だからこそ、失敗は許されない!

準備がとっても大事なお仕事なんですね。

 

 

 

教えて!お財布事情!

 

では、プランナーってぶっちゃけいくらもらえるの?を見てみましょう。

 

平均月収:26万円

平均年収:250万〜450万

 

↑この幅は何?と感じると思いますが、ウェディングプランナーは「経験」が重視される職種です。

よって、未経験採用の場合月給18万円程度〜スタートで、その後経験や働く場所によって異なるため幅があるのです。

新人時代は決して多くないですが、平均給与は一般の会社員と同じくらいのイメージですね。

 

 

 

センパイに聞いた!「しんどいポイント」

 

・年中スーツだから暑すぎる

・お客様都合に合わせ、休みが急に変わることがある

・クレーム対応が重い(「一生に一度なのに…」と言われる)

・土日に休めない

・目標という名のノルマがある

普通の人の休日=大忙しなので、やはりそこは覚悟したほうがいいみたいですね。

 

 

 

センパイに聞いた!「やりがい」

 

・言葉遣いや立ち居振る舞いなどは完璧になる

・意外と髪型や服装、ネイルも自由

・新郎新婦から逆サプライズがあった時は泣きました

・とにかく感謝される仕事、達成感がハンパない

・こんなに毎日感動できる仕事は他にない

 

Fotolia_117346583_Subscription_Monthly_M

 

やはり、新郎新婦の最高の1日を創り上げるため、ずっと一緒に頑張ってきたからこそ、当日は感動があり、感謝される仕事なんですね。

土日は常に仕事。

準備期間は、細かい見積もりやクレームなど、大変な仕事も多そうですが、「一生に一度」の人の幸せのお手伝いができる仕事って他にはない素敵な仕事ですね!