日本人にとって和服は特別な存在だ。結婚式など特別な日に着用する和服は、日本人にとっての伝統的な正装の1つであり、唐の時代における漢服の影響を受けているとも言われている。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 日本人にとって和服は特別な存在だ。結婚式など特別な日に着用する和服は、日本人にとっての伝統的な正装の1つであり、唐の時代における漢服の影響を受けているとも言われている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、和服は世界的にも誉れ高い民族衣装の1つであると伝える一方、その起源を探ってみると「日本の民族衣装は中国の漢服を発展させたものだった」と主張した。

 記事は、和服からは「落ち着き」や「安らかさ」といったイメージが感じられるとしたうえで、日本人は成人式や卒業式のほか、結婚式や葬式などの冠婚葬祭の時にも着用する伝統的な正装だと紹介。一方で、和服は中国の漢服が起源であると主張し、その理由として「三国時代の呉の国の女性たちの服が現代の和服とそっくりだからだ」と主張した。

 さらに、日本人が和服を「呉服」と呼ぶのもその理由の1つであるとし、「和服が世界的に誉れ高い民族衣装となったことの背後には、中華文明の魅力と影響力があるのだ」と主張。一方で、着物や浴衣など、和服を着用した日本人女性の写真をたくさん掲載しつつ、その艶やかさを称賛、中国で民族衣装がすっかり廃れてしまったことに対して悔しさもにじませている。

 中国ではレストランなどで時おり漢服やチャイナドレスを着用している店員を見かけるが、街中などで日常的に漢服を見かける機会は皆無といえる。中国人の日常のなかで漢服を着用する機会が失われてしまったためであり、中国では和服をはじめとする伝統文化が数多く残る日本に対して羨望の声も少なくない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)