Doctors Me(ドクターズミー)- 国内初の死亡者が...警戒すべき「ダニ媒介脳炎」

写真拡大

今回、北海道において7月中旬に道内の草やぶでマダニにかまれてしまった40代の男性が、8月13日(土)にダニ媒介脳炎を発症し、死亡されたということがニュースになりました。
このダニ媒介脳炎は、23年前に同じ北海道で発症した報告があって以来2例目であり、亡くなったのは初めてということです。

今回はこの「ダニ媒介脳炎」について、医師に解説をしていただきました。

日本の初の死者が出たダニ媒介脳炎

ダニ媒介脳炎は、森林や沢沿いの斜面などに生息していることが多いマダニにかまれたことによる、フラビウイルスの感染によって引き起こる感染症です。
ウイルスの潜伏期間は1~2週間で、発熱や筋肉痛、頭痛といったインフルエンザに類似した症状を出現し、場合によっては髄膜脳炎を起こして死亡する可能性があります。

マダニがいない地域での感染は起こらないとされており、日本では北海道の一部でこのウイルスを持ったマダニが見つかっていて、感染した人から別の人に感染させることはないとのことです。

また、感染したヤギ、羊などの殺菌していない乳を飲んで感染することもあります。

ダニ媒介脳炎の感染経路と症状

感染経路


・ウイルスを持ったマダニにかまれる
・ダニ媒介脳炎に感染したヤギや羊の未殺菌の乳を飲む

症状


・発熱
・頭痛
・筋肉痛
・吐き気
・けいれん
・髄膜脳炎

感染しないための予防策

・マダニにかまれないように流行地でむやみに草むらに入らないこと

・山や草むらに入る場合は、長袖長ズボンで、肌の露出を避けること

・足元もサンダルなどは避ける

・ダニ除けのスプレーなどを使用する

・帰宅したらすぐ全身のどこかがダニにかまれていないか確認し、入浴する

・万一マダニにかまれていたら、ダニの頭が残らないように皮膚科で除去してもらう

世界的に流行するダニ媒介脳炎

世界的には、ダニ媒介脳炎の患者さんは毎年6000人以上も発生しており、ときに10000人を超える年もあります。

海外に滞在した日本人のかたが感染するケースもあります。

日本においても油断は禁物

今回、20年以上ぶりにダニ媒介脳炎の患者さんが日本国内で確認され、まだ40代という若い患者さんがお亡くなりになったことで日本中に衝撃を与えました。

日本はダニ媒介脳炎の流行地とは言えませんが、北海道にはこのウイルスを持ったマダニが生息しておりますので、特に北海道に山歩きや森林散策などに行かれる方は注意が必要です。

他にも虫が媒介する病気はあるので、この機会に山林にハイキングに行ったらダニの有無を確認して入浴という習慣を身に着けておきましょう。

(監修:Doctors Me 医師)