いよいよ今夜開幕する「リオデジャネイロ五輪ゴルフ女子」。どんな展開となるのか。また優勝候補は誰なのか。海外メジャー「全英リコー女子オープン」を2度制し、米国の賞金女王、世界ランク1位になった経験のある申ジエ(韓国)に聞いてみた。
【関連写真】動物と戯れる、オブジェで記念撮影…リオ五輪フォトギャラリー
 世界各国から精鋭が集まる今大会なだけに「風が吹くコースだと聞きますが、みんな初めてプレーする新しいコースなので、どんな選手に有利なのか読み難いですね。参加選手を見ると誰にでも可能性があると思います」というのが正直なところ。
 そんな中でも強いて金メダルに近い選手は…。悩んだ末にジエは3人の名前を挙げた。「アリヤ・ジュタヌガーン(タイ)、ブルック・ヘンダーソン(カナダ)、キム・セヨン(韓国)ですかね」。その心は「ブラジルの気候に強そうで、且つ若くてチャレンジスピリットのある選手を選びました」とのこと。
 「もちろん日本代表の野村敏京さん、大山志保さんにも十分チャンスはあります。頑張ってほしいです」と締めたジエ。今日から始まる初日、大山が日本時間19時41分(現地時間7時41分)に、野村は日本時間21時47分(現地時間9時47分)にスタートする。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【申ジエのリオ展望】
世界1位のリディア・コは「心技体揃っている」【申ジエのリオ展望】
米国のベテラン、S・ルイスは「パターの感覚が素晴らしい」【申ジエのリオ展望】
メダル候補 野村敏京はレジェンドとの遭遇にテンションアップ
リオ五輪大特集!出場資格から豆知識まで!