ドラマ『弱虫ペダル』試写会が噂通り過酷すぎな件 参加者のエアロバイク回転数が下がると上映即中止

写真拡大

第1話視聴完走が一般参加者の体力にゆだねられるという、最も過酷な試写会「BSスカパー! オリジナルドラマ『弱虫ペダル』体験試写会」が8月10日に開催されました。

【関連:舞台『弱虫ペダル』〜箱根学園(ハコガク)新世代、始動〜イラスト版キービジュアル解禁】

試写会会場 客入り前

■一定のケイデンス(回転数)を維持しないと即終了

人気漫画『弱虫ペダル』を原作にした実写ドラマで、過酷な山道で自転車をこぎ続けるという作品内容にちなみ、試写会では参加者50名が全員、エアロバイクをこぎながら第1話を鑑賞。一定のケイデンス(回転数)を維持しないと即上映中止になってしまうというシビアなルールとされ、開催が告知されるやSNS上をざわつかせていました。

そして訪れた当日。会場にはエアロバイク50台がズラリと並び、参加者の方々は会場に入ると「こんなにたくさんあるの!?」など、驚きの声を漏らす場面も。開始までは事前に配布されたゼッケンを背中にはりあったり、自分のエアロバイクをセッティングしたりと各々試写会開始まで準備や念入りなウォーミングアップの時間にあてていました。

試写会の様子

■開始6分で上映停止 参加者からは悲鳴とともに「しんどい!」の声

そして結果はというと……。ファン魂を主催者から試されたこの試写会。あまりに過酷すぎたのか全員必死でこぐも、開始6分ほどで上映停止!

必死で漕ぐ観客達

参加者からは悲鳴と共に「しんどい!」「思ったよりもきつい……」との声も漏れ、そこで特別に上映中止の回転数のボーダーラインを下げ、もう一度チャレンジ!
参加者は各自「給水」等も取りながら、ドラマを観つつ全力でこぎ続け何とか試写会を完走していました。


試写会中の様子

試写会後、本ドラマのキャスト陣、鯨井康介さん/手嶋純太役、八島諒さん/青八木一役、平井浩基さん/杉元照文役、桜井美南さん/寒咲幹役、滝川英治さん/福富寿一役、青木空夢さん/泉田塔一郎役の6名がかけつけトークショーを開始。

疲れ切った参加者の心を、和やかなトークで癒やしていたところ、トークも終了というタイミングで主演の小越勇輝さん/小野田坂道役が登場。
小越さんが登場すると、参加者から大きな拍手と歓声が上がり、その様子を目にした滝川さんは「俺らのときとテンション違いすぎない?」とコメントし、会場の笑いを誘いました。

主演の小越勇輝さん/小野田坂道役が登場

遅れて登場した小越さんは、「1話、楽しんでいただきましたか?僕もまだ完成形を見られていないので楽しみです。1話は、坂道くんがいろんな人と出会う前の話。登場人物たちとの出会いが描かれているのが見どころかなと思います。こうやって試写会などがあると、作品が出来上がってきたと感じます。最後までケガなく、いい作品を皆さんに届けたいです。」とコメント。イベントを締めくくりました。

BS スカパー! オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』は2016年8月26日放送開始。放送時間は後9時〜後10時で、チャンネルはBS スカパー!(BS241/プレミアムサービス 585)、スカパー! オンデマンドとなっています。第1話は無料放送されます。

オリジナル連続ドラマ『弱虫ペダル』は2016年8月26日放送開始