秋へスイッチ。深い色のアイテムで新鮮さをプラスする【おしゃれのおさらい】

写真拡大

こんにちは。スタイリストの植村美智子です。
8月も半分を過ぎました。お店に並ぶ商品も、SALE価格のものより、新作アイテムの比率がどんどん高くなっていっています。この時期に出てくる新しいアイテムは、秋につながっていく、深めの色のものも多く、夏服に飽き始めているこのタイミング、その新鮮さに目が行きますよね。ボルドーやマスタード、カーキ、キャメル。引き続き出ている人気の色たちもやはり深め。しっとり感が増しています。
秋っぽさを取り入れるならトップスから
夏服やコーディネートに飽きはじめているこの時期に、深めの色を取り入れるとしたら、おすすめはトップス。顔周りにくるトップスの色を深くすることで、わかりやすく新鮮さ(秋っぽさ)がプラスされ、さらにはそのしっとりした色目により、女性らしさも感じさせられます。
柔らかな印象の大人スタイルを作るなら
コーディネートの中に深い色は1点。合わせるボトムスには、白やベージュ、ライトグレー、ライトブルーなど、軽やかな色のものを選んでみてください。

たとえば、
黒のニット × ライトブルーのスカート
カーキブラウンのブラウス × アイボリーのガウチョパンツ など

足元はサンダルやセパレートタイプのパンプスを選び、素肌を見せ軽やかにまとめましょう。
クールでカッコよくしたいなら
ワンピースやセットアップを選び、深い色の面積を多くすると、クールな印象になります。中途半端にならないよう、とことんカッコよくすることを意識してみましょう。
アクセサリーは、エスニックテイストのカラフルなものや、ゴールドの太めのチェーンのものなど、インパクトのあるものをチョイス。太めのベルトをプラスするのもいいですね。ただし、こちらも印象が重くなり過ぎないよう、バッグやサンダル、帽子などで、明るめの色や軽やかな素材のものをプラスすることもお忘れなく。
涼し気な雰囲気、軽やかさを忘れずに
まだ暑い季節に違和感なく深い色を取り入れるには、あくまでも涼し気な雰囲気をキープすることが大切です。

たとえば、
長めの袖のトップス × 足元はサンダル
フルレングスのワイドパンツ × トップスはフレンチスリーブ など

必ずどこかで夏らしいアイテムを使い、軽やかさをプラス。肌を露出させ、上手にバランスを取ってくださいね。

>>過去の「おしゃれのおさらい」を読む
#13 旅行先でのおしゃれどうする? 何を持っていく?
#12 さりげなく色っぽさをプラスする夏服の着こなし方
#11 体型に合うヒール靴とフラットシューズの選び方
#10 メリハリが大切。ホワイトコーデをさらりカッコよく着こなす
#9 女らしさグッと上げる、ライトブルーのデニムパンツ

イラスト/米山夏子

この記事を気に入ったら、いいね!しよう。
Facebookで最新情報をお届けします。