発達障害の子の特徴って? 簡単&効果的な“魔法の言葉がけ”を専門家に聞いた

写真拡大

近年、社会的な認知が進むにつれて、耳にすることが多くなった“発達障害”という言葉。

我が子が“発達障害”…「就学時健康診断」で親に突きつけられる現実

しかし、実際発達障害とは一体どのような子のことをいうのか、またそのような子にどう対応したらいいのか?

周囲の人間はもちろん、発達障害の子を持つ親ですらわからないことだらけです。

そこで、自閉症療育アドバイザーであり、『発達障害の子を伸ばす魔法の言葉がけ』(講談社)の著書であるshizuさんに、発達障害の子に効果的な言葉がけを教えていただきました!

まずは、親として一番気になる、どんな子が発達障害なのかというところから。実際、どう考えればいいのでしょうか?

発達障害とは具体的にどんな子のことを指すのか

――近年、発達障害という言葉をよく聞きます。実際、どういった子が発達障害と診断されるんでしょうか?

「実は、発達障害と一言に言っても、かなり範囲が広いのですよね。

ADHA(注意欠陥多動性障害)などは、その名の通り落ち着きがなく行動に衝動性が強い子が診断される障害です。

LD(学習障害)というものもあって、これは知能的な遅れはないものの、文字が読めない、書けないなどの特定の行動に対して習得が困難な障害のことです。

このLDを持った人で有名なのはトム・クルーズとか。彼は知能的な遅れはなくセリフなどは覚えられるけれども、文字が読めないという障害を持っているそうです。

自閉症に関していうと、一定の行動に対してこだわりが強いことや、名前を呼んでも反応しない、目が合わないなどの特徴がありますね」

――なるほど、発達障害といってもかなり多くのパターンがあるのですね。

「そうなんです。なので、“こういう症状が出たら発達障害!”とはっきり言うことができないんですよ。

実際、大人になるまで親も本人も自分が発達障害だと気がつかず成長していく子もいますし、日々の生活を自分自身で学習する中で徐々に改善していく子もいます。

発達障害の子に共通して言えることは、原因は様々あれど、毎日の生活がしづらくて困っている子というところではないかと思います」

言葉がけは「スモールステップ」が簡単&効果的

――shizuさんも自閉症と診断されたお子さんをお持ちなんですよね。実際に発達障害の子を育てる過程で効果的だった行動や言葉がけなどはあったんでしょうか?

「発達障害の子って、不器用な子が多いんですよ。

一般的には、周囲の子どもや大人のすることを見て真似するという能力があるんですが、発達障害の子、とりわけ自閉症の子は特にこの模倣力が低いんです。だから普通の子と同じように教えようと思ってもなかなかうまくいかない。

そんな時に効果的なのが、スモールステップで教える、褒めることです」

――スモールステップ、と言いますと?

「例えば、ボタンがけを教えるとしますよね。一般的には“ほら、ボタンがけはこうやるんだよ”とやって見せればいつの間にかできるようになっているものなのですが、発達障害の子は手先が不器用な子が多いのでなかなか上手にできないんです……。

なので、まずは大きいボタンのおもちゃを使って練習させる、その次に少しサイズの小さいボタンのお洋服を使って練習、というように、目標までのステップを小さく刻んであげるんです。

すると子どもは、小さなことでもうまくできたと実感できるし、ママ自身も子どもをたくさん褒める言葉がけをするタイミングができるんです。

達成感を味わえるし、たくさん褒めてもらえるので、やっぱり子どもは嬉しいんですよね。定着のスピードが違いますよ。

とりわけ、うちの子のような自閉症に関していうと、そもそも物事に興味を示さないこともあるので、“ほら、ボタンがあるよ!”というように、まずは対象に目を向けさせる声がけをしていましたね」

目標を下げて言葉がけをすれば、ママもハッピー!

――なるほど〜、確かに自分が子どもの立場だったら、できないことに目を向けられるよりも小さいことでもたくさん褒められると俄然やる気になっちゃうかも……。

「ですよね! 実はこのスモールステップで教える、褒めるっていうのは子どもにとってだけじゃなく、ママにとってもすっごくいいことなんですよ。

やっぱり発達障害の子の親って、“周りの子と違う、うちの子はあれができない、これができない……”って周囲と比べてしまって気持ちが焦ったり、滅入ったりしてしまうことが多いんです。

さっき話したように、スモールステップで目標までに小さくステップを設定してあげることによって、ママが子どもに対して実際声にして褒める機会も多くなっていきますよね?

すると子どものことを認めていくと同時に、子育てしている自分自身のこともスモールステップで褒めてあげることができるようになっていくんですよ」

――実は、子どもを育てるのと同じくらい、子育てしているママ自身の精神的な健康って大事だったりしますよね。

「そうそう、まさにそれなんですよ。子どもって結構敏感で、親の不安をすぐ感じ取っちゃうんです。

だから、子どもがギャーギャー騒いで荒れていてどうしようもないなんて時は、実はママ自身が気持ちに不安を抱えていたりすることがほとんど。子どもは鏡です。

スモールステップで子どもに言葉がけすることは、ママ自身の日々の精神的な安定にもすごく効果的なんですよ」

不器用な子には、スモールステップで教える、褒める。

シンプルなので、「たったそれだけ?」と思うかもしれませんが、これが子どももママもハッピーになれちゃう言葉がけの秘訣!

ちょっとしたテクニックで、発達障害の子の可能性を広げ、そして実践する親自身もポジティブに毎日を送ることができるんですね!

今回取材したshizuさんの著書『発達障害の子を伸ばす魔法の言葉がけ』は、発達障害の子を持つ親はもちろん、子どもを持つすべての親が今すぐ試してみたくなるような、言葉がけのテクニックがたくさん!

9月6日にはPHP研究所より2冊目が発売予定とのことなので、そちらも要チェックです。