深夜までの勉強や、息抜きのゲームを親も黙認してしまいがち……(※イメージ)

写真拡大

 ふだんから塾に習い事にと、何かと忙しい今どきの小学生。授業がない夏休みも、水泳にサマーキャンプや塾の夏期講習などが加わり、休むヒマがない。

 食べかけのポテトを残して、親子でファストフード店を飛び出した。息子と慌ててタクシーに乗り込んだAさん(40)は、都内在住の専業主婦。夏休み工作教室の開始時刻を勘違いしていたことに、事務局からの電話で気づいたのだ。

「せっかく無料や格安のものに申し込んでいるのに、遅刻でタクシー移動なんて、意味がないですよね(笑)。あの日は午前に伝統芸能のワークショップ、翌日も科学の実験教室があって、私が混乱していました」

●バレエ特訓中に宿題

 Aさんは小3の長男のために、夏休み前、学校で配られたプリントから参加可能なイベントすべてに申し込んだ。実費程度の参加費で、夏の自由研究にもなりそうなものが中心だ。一日をラジオ体操に始まり、午前、午後、夜に分けて、子どものスケジュールを管理しているという。

「夏休みはいろんな体験ができるチャンス。子ども向けのコンサートや舞台なども申し込みました。夫が仕事を休んで帰省できるのはお盆だけなので、サマーキャンプと野球の練習や合宿の合間を、こうしたイベントで埋めています」(Aさん)

 セミの声を聞きながら部屋で一日ゴロゴロしたり、日暮れまで友だちと冒険したり……。都会の子どもたちにとって、そんな夏の日は、もう遠い昔の情景なのだろうか?

「学校がない夏休みのほうが、子どもは断然忙しい」

 そう断言するのは、信販会社の女性管理職Bさん(45)だ。

 小4の長女の夏の予定は、お盆時期の発表会に向けたバレエ特訓が占める。週4回で、拘束時間は長い日で午前10時から午後4時まで。

「自分の出番じゃない時間にやるよう、学校の宿題を持たせています。ただ娘はまだ気楽なほう。いったん外出させ、近所のファミレスで塾の宿題を見ているお母様もいらっしゃって、大変だなって……」(Bさん)

「気楽」とはいえ、英語やピアノなども習っているため、週末には三つの習い事をかけ持ち。レッスン場や駅まで親も自転車をとばす。

「バレエの発表会後は、短期の海外語学留学をさせます。バレエも含め、夏の予定はすべて、何より娘が楽しみにしているから、親も送迎や費用面で応援できる」(Bさん)

●忙しくも充実した夏

 中学生になれば、親が関与しなくても、自分の意思で部活漬けなどの夏を迎えることになる。実際、中学生の母親たちは、

「夏休み中は連日、サッカー部の練習に合宿もあります。家族でのハワイ旅行を差し引くと、オフは2日ほど」(私立中2年女子の母)

「息子はプログラミングの大会を目指した習い事、娘は吹奏楽部に毎日通う夏。家族旅行には行きたがりません」(私立高1年女子、公立中1年男子の母)

 と、わが子の忙しさにあきれつつも、やりたいことに夢中な姿勢には肯定的だ。

 Bさんの場合、それが少し早まっただけなのかもしれない。しっかりした目標があり、無理強いでなければ、親たちは小学生の忙しい夏を応援しているようだ。

「ぐんぐん上達して、習得も早い年代。最初はろくに覚えられなかった武道の型でしたが、まだ小2だったのに大会であんなに頑張れた」

 そう誇らしげに話すパート勤務の女性Cさん(36)は、昨夏の息子の成長を実感している。夏休み半ばに開催される武道の大会に向け、週3日の練習に加え、先生の個人指導にも5回以上は通った。ほかに週2日あるサッカーの練習と試合、合宿もすべて参加。そして週末は家族でバーベキューに出かけ、忙しくも充実した夏を満喫した。

 しかし夫婦双方の親たちから、いつ孫の顔が見られるのかと、クレームが出た。夫の実家は名古屋、Cさんは京都。東京からの短期間の帰省は、交通費も気になり、控えていたからだ。

●義母の送迎付き帰省

「夏はいつ帰ってくるのかと、親たちにずっと聞かれて……。去年は1泊でもいいからと、名古屋の義母が朝、東京まで息子だけを迎えに来て、とんぼ返り。サッカーに間に合うよう、2日後の昼にまた、品川駅まで新幹線で連れてきてくれました。あちらも嫁がいないほうが気楽みたいで(笑)、よかったようです」(Cさん)

 今年は習い事がないゴールデンウィークに、Cさんの京都の実家には帰省済み。夏休みは、昨夏と同じ義母の送迎付きの帰省が、2泊ぐらいなら可能なはずだ。

 実家でのんびりできないのは、きょうだいで予定が合わないからという声もある。専業主婦の女性Dさん(43)は言う。

「小5の長男は、中学受験塾の夏期講習とサッカーで予定はいっぱい。今年は海外旅行もあきらめたので、小1の次男にもいろいろ手をかけてあげたい」

 その結果、次男はサマースクール、サッカーに加え、そろばん、将棋の習い事で夏休みの予定を埋めることに。一人で通えないため、親は送迎が大変だ。

「でもこの夏、本当に頑張っているのは長男。塾の成績が伸び悩んでいるので、フォローのため別の塾をかけ持ちして送迎しています。ただ私が車を運転できるぶん、子どもたちの予定を詰め込みすぎかも」(Dさん)

 夏が天王山、夏こそ勝負──。そんな激励が飛び交う中学受験組は、首都圏の忙しい夏の子どもの代表選手だろう。夏期講習と宿題の時間を合わせると、一日10時間近く勉強する子どもも珍しくない。

●9時間睡眠の確保を

 医療メーカーで働く女性Eさん(37)は、マンションの同じ階で不思議な光景を目にした。自分の家の玄関の前で、小6の女の子が立ったまま一心不乱に本を読んでいる。

「鍵がないの?」

 そう尋ねて、返ってきた答えに驚いた。

「ドアを開けたら今日の“やることリスト”が始まっちゃうから、その前に読み終えるんです」

 母親は専業主婦で、女の子は最難関中学合格率が高い塾の上位クラスに在籍中だ。

「勉強は0時過ぎまでやっていると聞きました。うちの長女は別の塾ですが、10時には眠くなってしまい、宿題が終わりません」(Eさん)

 夏休み中は毎朝の登校がないぶん、夜更かしが続きがちだ。深夜までの勉強や、息抜きのゲームを親も黙認してしまって、子どもの健康に影響はないのだろうか。

「身体の疲れは休息で回復しますが、脳の疲れは眠ることでしか取れません。せっかくの塾や習い事も、睡眠がとれてないと集中力が下がり、もったいない」

 と話すのは、睡眠改善シニアインストラクターで、子どもの生活習慣に関する講演も多い内海裕子さん。では何時に、何時間ほど眠らせればいいのか?

「米国立睡眠財団が推奨する睡眠時間は、6〜13歳なら9〜11時間。もちろん個人差はありますが、ぜひ9時には就寝を。花火大会や旅行など特別な日の夜更かしはありですが、その場合も翌朝は早起きするルールにすると、夜は早く眠れて、生活のリズムを取り戻せます」

 内海さんは、学校の時間割がない夏休みだからこそ、できることもあると言う。

「多忙にせよ、のんびりにせよ、自由に親子で時間割を組むチャンス。長期休暇は、早起きや朝食などの生活習慣や時間管理能力を、親から子へ贈ることができる。新学期に向けて目指すべきは『生活習慣エリート』です」

 忙しくても、親も子どもと一緒に早寝早起き。寝る親子はよく育つ。(ライター・三宮千賀子)

AERA 2016年8月22日号