15日、ある台湾人のTwitterユーザーが祖母への手紙に隠されていた「横読み」を70年越しに発見し、大きな反響を呼んでいる。

ユーザーは終戦記念日に、祖母が所有していた写真とノートの画像を投稿した。終戦後、高雄海軍工作部の日本人が引き揚げる際、唯一の台湾人女性だった祖母に、これらを遺していったという。祖母は「私が命の次に大切にしているもの」と見せたそうだ。
手紙のひとつひとつが、「祖母を励まし、気遣い、笑わせ、尊敬の念さえも感じさせる気高いもの」だったとのこと。

ユーザーは、その中の一通に気を留め、「お婆ちゃん、これ横書きだね」と指摘した。その手紙は縦書きだったが、各文の先頭一文字を右から読んでいくと、「春草(祖母の名)御元気で」という文章だったのだ。この新発見に、祖母は「まぁ…今気付いたわ!」と、驚きをあらわにしたそうだ。

最後に、ユーザーは手紙の送り主に向けて、「70年とちょっとかかりましたが、しっかり伝わりましたよ! 今も元気です!!(笑)」と綴っていた。

この最後のツイートは、17日11時の時点で1万1900件以上のリツイートと、1万900件以上の「いいね」を集めるなど、インターネット上で大きな話題となっている。

【関連記事】
フジ「やっちまったTV」で過剰演出か 台湾人Twitterユーザーが非難
A.B.C-Z・塚田僚一のTBS番組でのハプニングが台湾でも報道?
金美齢氏 金慶珠准教授の「台湾は親日ではない」という見方を一喝