写真提供:マイナビニュース

写真拡大

本田技研工業(ホンダ)の米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターはこのほど、モトクロス競技専用車「CRF450R」のフルモデルチェンジと、同車をベースに新開発したエンデューロモデル「CRF450RX」を発表した。「CRF450R」「CRF450RX」は2016年内に日本国内での発売も計画されている。

新型「CRF450R」は、モトクロス競技において勝敗に大きく影響する「ホールショットの獲得」をめざして、マシンのトータルパフォーマンスを向上した。エンジンは吸排気効率と出力特性をさらに向上させた、新設計のユニカムエンジン(水冷・4ストローク・4バルブ)を搭載。車体はフロントアップを抑えてリアの分担荷重を増やすことで、トラクション性能の向上を実現した新設計のフレームや、衝撃吸収性と操縦安定性を高めた前・後サスペンションを採用している。

新開発のセルモーターとバッテリーもオプション設定とし、扱いやすさの向上に取り組んだ。シャープで無駄のないスタイリッシュな外観とし、ライディング時によりスムーズな動きができるように、各部の凹凸をより低減したスムーズ・サーフェスデザインとなっている。

新開発された「CRF450R」は、多岐にわたる条件でのオフロード走行を想定し、「CRF450R」をベースに装備や各部のセッティングを変更したモデル。セルモーターと付随するバッテリーを装備したほか、8.5リットル容量の樹脂製フューエルタンクやサイドスタンド、フロント21インチ・リア18インチのダンロップ製タイヤなどを採用している。フロントとリアサスペンションのセッティングを最適化し、イグニッションタイミング(モード設定)やエンジンハンガーの剛性を変更した。

(木下健児)