中国は総延長で世界最長の高速鉄道網を構築したとおり、中国の鉄道産業はハード面においては飛躍的な発展を遂げたと言える。だが、利用客の利便性などソフト面においてはまだ改善の余地が大きいと言わざるをえない。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国は総延長で世界最長の高速鉄道網を構築したとおり、中国の鉄道産業はハード面においては飛躍的な発展を遂げたと言える。だが、利用客の利便性などソフト面においてはまだ改善の余地が大きいと言わざるをえない。

 中国メディアの張家界在線はこのほど、日本の鉄道のサービス面における質の高さを伝えつつ、中国高速鉄道がさらなる発展を遂げるためには「ハードのみならず、ソフト面の改善が必要」だと訴えた。

 記事はまず、日本を訪れた中国人旅行客が「日本の鉄道のソフト面に感銘を受けた」という事例を紹介。日本の鉄道のうち、海岸線を走る路線などでは乗客が車窓からの景色を楽しめるよう座席が窓のほうを向いている構造であること、さらに日本の鉄道では大声で物を売る販売員がいないこと、車掌が乗車券を確認しない場合があることなどを紹介し、「日本の鉄道は利用客の目線でサービスが提供できている」との見方を示した。

 続けて、中国高速鉄道はハード面において飛躍的な発展を遂げたのは事実だとしながらも、「ソフト面におけるサービスがハードに追いついていないのも事実」と指摘。心をこめたサービスやきめ細やかなサービスが欠けていると指摘し、中国のサービスは「親近感や礼儀が欠け、粗雑であるうえに価格も高い」と論じた。

 中国はもともと社会主義国であるため、「お客様目線」というものが欠けている事例は数多く存在する。新幹線の輸出においては、技術力を基礎としたハード面のみならず、時間に正確な運行や安全性、質の高いサービスなどのソフト面も競争力につながっており、こうしたサービスは中国であっても容易に模倣は出来ないものと言えよう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)