16日、中国の俳優ワン・バオチアンの離婚騒動で、謝罪を求めた妻・馬蓉の中国版ツイッターに寄せられたネットユーザーからの罵声は、わずか数時間で200万件を超えている。

写真拡大

2016年8月16日、中国の俳優ワン・バオチアン(王宝強)の離婚騒動で、謝罪を求めた妻・馬蓉(マー・ロン)の中国版ツイッターに寄せられたネットユーザーからの罵声は、わずか数時間で200万件を超えている。新浪が伝えた。

【その他の写真】

演技派俳優として人気の高いワン・バオチアンが今月14日、声明文を公開して離婚を発表。妻の馬蓉が自身のマネジャーと不倫関係にあると告発したことで、中国社会を震撼させ、ネット上にも衝撃が走った。

15日に北京朝陽法院(裁判所)に赴いて離婚訴訟を提起したワン・バオチアンだが、翌16日には馬蓉が反撃をスタート。今回の不倫告発後、ネット上に様々なデマが飛び交ったことで、ワン・バオチアンに「名誉を傷つけられた」として告訴したことを明らかに。ワン・バオチアンに対し、不倫を告発した声明文の削除と、中国版ツイッター上に30日間にわたって謝罪文を掲載するよう要求している。

16日午前、馬蓉がこの反撃について中国版ツイッター上で発表した投稿には、わずか数時間で200万件を超えるネットユーザーからの声が。「原因を作ったのは自分なのに被害者ぶるな」「厚顔無恥な女」「不倫したくせに何が名誉毀損(きそん)だ」「子どもの気持ちを考えろ」「バオチアンのおかげでタレント気取りだった」などと、その内容は激しい批判一色となっている。(翻訳・編集/Mathilda)