『シンプル生活 55のヒント 家事がラクになる、心が軽くなる』(みしぇる/SBクリエイティブ)

写真拡大

 片づけ、掃除、ごはん作り。上手に力を抜きつつ、すっきり楽しくシンプルな暮らしを“続ける”ためのコツがわかる一冊『シンプル生活 55のヒント 家事がラクになる、心が軽くなる』が、2016年7月30日(土)に発売された。

 暮らしがシンプルになれば、片づけや掃除にかかる時間が減り、毎日を気持ちよく過ごせる。これは、すでに多くの人が気づいていることかもしれない。しかし、実際の生活の中で、そんな暮らしを維持するのはけっこう難しいのも事実。子育て、家事、それに仕事。生活していれば、モノや情報はどんどん入ってくる。どうすれば、心地よい暮らしを続けることができるのか、悩む人も多いだろう。

 そこで同書では、簡単に取り入れられて効果が高い、シンプルに暮らすための知恵を集約。国内、海外を問わず転勤のある暮らしの中で、「自分に合ったミニマル」を追求し、家族5人がくつろげる空間づくりをしている“みしぇるさん”が実践している、「片づけをラクにするヒント」や「モノと上手に付き合うヒント」など、暮らしの工夫と習慣をたっぷり紹介している。

 また、みしぇるさんが出会った、シンプルに暮らしを楽しんでいる人たちの暮らしのヒントもあわせて紹介。シンプルな暮らしの目的は、暮らしをととのえることを通じて、心をおだやかに、すっきり保つこと。そして、いつも機嫌よく日々を過ごすこと。シンプル生活の知恵で、暮らしも気持ちもスッとラクになるだろう。

※掲載内容は変更になる場合があります。