医師(日・米医師免許)/医学博士  イェール大学医学部精神神経学科卒業。アメリカ神経精神医学会認定医。アメリカ精神医学会会員。  日本で臨床および精神薬理の研究に取り組んだあと、イェール大学で先端脳科学研究に携わり、臨床医としてアメリカ屈指の精神医療の現場に8年間にわたり従事する。そのほか、ロングビーチ・メンタルクリニック常勤医、ハーバーUCLA非常勤医など。  2010年、ロサンゼルスにて「TransHope Medical」を開業。同院長として、マインドフルネス認知療法やTMS磁気治療など、最先端の治療を取り入れた診療を展開中。臨床医として日米で25年以上のキャリアを持つ。  脳科学や薬物療法の研究分野では、2年連続で「Lustman Award」(イェール大学精神医学関連の学術賞)、「NARSAD Young Investigator Grant」(神経生物学の優秀若手研究者向け賞)を受賞。主著・共著合わせて50以上の論文があるほか、学会発表も多数。趣味はトライアスロン。

写真拡大

「どれだけ休んでも疲れが取れないのは、あなたの脳が疲れているからでは?」――イェール大学で学び、アメリカで開業した精神科医・久賀谷亮氏の最新刊『世界のエリートがやっている 最高の休息法』が、発売3日にして大重版が決定する売れ行きを見せている。
最先端の脳科学研究で見えてきた「科学的に正しい脳の休め方」とは?同書の中からストーリー形式で紹介する。

▼ストーリーの「背景」について▼
もっと知りたい方はまずこちらから…
【第1回】「何もしない」でも「脳疲労」は消えずに残る
―あんなに休んだのに…朝からアタマが重い理由
http://diamond.jp/articles/-/96908

【第2回】脳が疲れやすい人に共通する「休み=充電」の思い込み
―「疲れ→回復→疲れ…」のスパイラルから抜け出すには?
http://diamond.jp/articles/-/96965

【前回までのあらすじ】脳科学を志して米イェール大学に渡ったにもかかわらず、伯父が営むベーグル店〈モーメント〉を手伝うことになったナツ(小川夏帆)。ヨーダ(グローブ教授/イェール大)のアドバイスの甲斐もあって、少しずつ店に変化が現れ始めていた。しかし、あいかわらず非協力的なメンバーたちのことがナツの気がかりだった。ヨーダは「ポジティブな感情」を育てる方法について語り始める。

ポジティブな感情を育てる
メッタの3ステップ

「それでナツ、夜中に目が覚めたときにはどんなことを考えておるんじゃ?カルロスとトモミも瞑想に参加してくれるようになって、わしにはかなり順調に見えるんじゃがな」

ヨーダの言うとおりかもしれない。

しかし、私が気になっているのは、残りのスタッフたちのことなのだ。冷ややかな態度を取り続けているクリス、ダイアナ、ブラッド、そして伯父――彼らはいったい何を考えているんだろう。あの店をよくしようと必死になっているのに、どうして何も協力してくれないのだろう。

彼らも私のことが嫌いで仕方ないのかもしれないが、こっちだって彼らのことは好きになれない。あの〈モーメント〉の暗い雰囲気を生み出している彼ら4人の顔を思い浮かべると、どうしてもネガティブな感情が湧き上がってきてとまらなくなった。私は包み隠さずそのことをヨーダに告げた。

「なるほど、では今日はメッタという方法を教えるとしよう。これは慈愛、つまり人に対する愛情と慈しみを内面に育てる方法じゃ。もっと簡単に言えば、ポジティブな感情を自分の中に育てる技術と言ってもいい」

ヨーダの説明によれば、メッタは3つのステップから成る。

(1)通常のマインドフルネス呼吸法を10分続ける

(2)自分が慈しみたい人を心にイメージし、それによって起こる身体の感覚や感情の変化に注意を向ける

(3)その人に向けて次のようなフレーズを心の中で唱える
・あなたがさまざまな危険から安全でありますように
・あなたが幸せで心安らかでありますように
・あなたが健康でありますように

「(何これ……まるで宗教の祈りだわ)」

たちまち心の中に嫌悪感が広がる。いくらマインドフルネスが宗教性を排除しているといっても、やはりその起源はしょせん宗教なのだ。

これが「最高の休息法」だなんて、信じた自分が馬鹿だった――そう思いかけたところ、ヨーダがすかさず口を挟む。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)