2度のPKを失敗したアグエロにペップ「何度失敗したかは重要ではない」

写真拡大

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が、2度のPKを失敗したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロを擁護した。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。

▽シティは16日、チャンピオンズリーグ(CL)・プレーオフ1stレグでステアウア・ブカレストと対戦した。この試合に先発出場を果たしたアグエロは、前半に得た2つのPKでキッカーを務めるも失敗に終わった。しかしその後、アグエロはハットトリックの活躍を見せ、チームも5-0と圧勝している。

▽試合後の会見に出席したグアルディオラ監督は、アグエロがPKを外したのは事実だと認めたうえで、その後にハットトリックを達成した同選手を称えた。

「彼がPKを外してしまったことは事実だ。しかしそこは注目されるべきことではなく、その後にハットトリックを決めたことこそフォーカスされるべきものだ。何度失敗したかなどは重要ではなく、そこから立ち直る強さが大事だ」

▽アグエロは直近で5度のPKのうち4つを外している。しかしグアルディオラ監督は、選手が自信を持ってキッカーに名乗りを上げるのであれば、今後も信頼して務めさせるとした。

「彼が自信を持ってプレーしてくれるのであれば、私は何の不安もない。全ては選手次第だ。彼が自信を持ってプレーしてくれることを望んでいる」