ブックカバーの作り方アイデア10選☆お気に入りがあれば、読書はもっと楽しくなる!

写真拡大

本好きなら一つは持っておきたいのが、自分専用のブックカバー。ページをめくる前にいつものカバーにセットすれば、本をより身近に感じられますし、カバーしておくだけで汚れや日焼けを防ぐことができるというメリットも。ぜひ、好きな紙や布でお気に入りを作って、読書タイムをもっと楽しくしましょう! 今回は、バラエティ豊かな素材を使ったブックカバーの作り方をご紹介します。



元の記事を見る

まずは、基本の作り方からご説明!

■ ●材料

材料は、紙や布など折れるものならなんでもOK! 不要になったカレンダーや広告紙などを使えば材料費ゼロで済むのでおすすめです。基本編では、ショップバッグを使って作るブックカバーをご紹介します。

■ 作り方1 紙袋を開く&上下を折る

使う紙を決めたら、その紙を本のサイズよりひとまわり大きくカットします。それから表面を裏側にして、本の大きさに合わせて上下を内側に折ります。

■ 作り方2 本の表紙を差し込んで折る 

折った紙の上に本を載せたら、オモテ表紙の紙を内側に折り込み、袋状になった紙の中に表紙を挿し込みます。ショップバッグを使う場合は、もともとついている折り目を活用するとキレイに仕上がります。

■ 完成! 

続いて、ウラ表紙側の紙も内側に折り込んだら完成☆ 作業時間は5分もかからないので、思い立ったときにすぐに作ることができますよ!
http://kurashinista.jp/articles/detail/13458

いろんな材料を使ったブックカバーの作り方アイデア

セリアのペーパーでシックなブックカバー


モノトーンの紙でブックカバーを作ればどんなバッグとも相性がいいので、読みかけの本を持ち歩きたいときに重宝します。また、本の内容に関わらず、手にしたときに落ちついてみえるのも大きなポイント。大人びた印象を演出したいときなどにおすすめです。

セリアのクラフトペーパーでお手軽に


イラスト付きのクラフトペーパーを折ってウラ表紙オモテ表紙を挿し込むだけの、簡単仕様のブックカバー。セリアの「DESIGN CRAFT PAPER(デザインクラフトペーパー)」なら3枚セットなので、何冊分かまとめて作ってもいいですね。

100均ダイソーのランチョンマットでノートブックカバー作り


既製品のランチョンマットに、はぎれを使ってポケットやペン入れをつけ、使いやすさを追求したブックケース。お気に入りの本の収納にだけでなく、手帳やノートの収納にも使いたくなる一品です。汚れても洗ってキレイにできる点も魅力。

壁紙の余りを使って折るだけブックカバー


壁紙を使って作るブックカバーは、高級感があって洗練されたイメージ。見本として取り寄せたサンプルなどが余っている場合などに、ぜひチャレンジしたいアイデアです。単色のものもでも十分存在感があるので、毎日持ち歩きたくなること必至ですよ!

キルティングとエコクラフトで可愛いブックカバー


長方形のキルティング布の両端を内側に折って縫い、クラフトバンドでアクセントをつけています。やさしい手触りのキルティングなら本を開くたびに癒やされます。生地に厚みがあるので、本をしっかりと守ってくれるのもいいですね。

クッキングシートに刺繍を施したユニークなブックカバー


クッキングシートをキャンバスに、刺繍糸でデザインを施すユニークなブックカバー。クッキングシートは透明度が高く表紙のデザインが透けているので、タイトル図案をそのまま刺繍するのもアリ! 電車やカフェで読書をしたら周囲の人が驚くこと必至。

紙袋とマスキングテープでおしゃれブックカバー♪


ショップバックなどのシンプルな紙に、手持ちのマスキングテープを好きに貼りつけたかわいいブックカバー。アルファベットやイラストなどさまざまなものを組み合わせると楽しいですよ。子どもと一緒に作るのもおすすめです☆

おしゃれなデザインのショッパーでブックカバー


ショッパーの取っ手を外した後、「見せたい絵柄」をセンターに持ってきて、余剰分をカットしてブックカバーを作成。気に入った絵柄をしっかりフィーチャーできるので、いろんなところに持ち歩きたくなりますよ♪

100均の透明ブックカバーにシールやマステでデコ


100均の透明ブックカバーと同じサイズに切った紙に、シールやマステ、写真の切り抜きをペタペタ貼り、ブックカバーに差し込むだけ。オリジナリティの高い1品が短時間で完成! 中の紙は飽きたら取り換えることもできます。

好みの布+ホットメルト紙で縫わない・ほつれないブックカバー


接着芯のように使える裏打ち紙「ホットメルト紙」があれば、針や糸を使うことなく、好きな布でブックカバーを簡単に作れます。作り方はいたって簡単で、ホットメルト紙を布の内側にアイロンで貼りつけるだけ。あっという間に完成しますよ☆

seriaの【両面接着芯地】で、簡単リバーシブル小物


こちらも同じくホットメルト紙(クラフト用両面接着芯地)を使ったアイデアですが、柄や色違いの布2枚を貼り合わせてリバーシブルのブックカバーを作るというもの。貼り合わせた布はピンキングばさみでカットしておけばほつれにくくなります。あとは本のサイズに合わせて折るだけでOK! 長く愛用することができますよ☆

家にあるショッパーやはぎれを使ってすぐに作れるものがほとんどなので、思い立ったが吉日! 今日にでも早速作ってみてはいかが? 自分用にはもちろん、家族や友達へのちょっとしたプレゼントにしてもいいですね☆

まとめ/松本玲子